b - r o a d

sequence

c0202611_14280813.jpg


Leica M4 / Noctilux 50mm f1.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-11-22 14:30 | Julie | Trackback | Comments(4)

在廊の予定です

明日11月18日土曜日
午後1時頃から在廊の予定です。
c0202611_06282584.jpg
Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-11-17 06:32 | Julie | Trackback | Comments(10)

c0202611_16350567.jpg
GX7m2 / Summilux 50mm f1.4 pre asph
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-11-13 16:37 | Trackback | Comments(2)

在廊の予定です

11月11日土曜日、13時頃からブリッツに在廊の予定です。

c0202611_15361507.jpg
Minolta CL / Summilux 35mm f1.4
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-11-10 15:40 | Julie | Trackback | Comments(6)

旧タン(Thambar)

新しいタンバールも出てきたらタンバールだけではややこしくなるので、ぼくのブログでは従来のものを略して旧タンと呼ばせてもらう。いずれ試写する機会ががあれば新しいものは新タンということで。
c0202611_11302830.jpg
Leica M10 / Thambar 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-11-07 11:33 | Leica M10 | Trackback | Comments(4)

在廊の予定です

11月4日土曜日
久しぶりにスッキリしたお天気の週末になりそうですね。
午後1時頃から在廊の予定です。

# by b-road | 2017-11-04 08:44 | Trackback | Comments(0)

retro

高画素化されたデジカメは写るということに関して今やどこのメーカーのものでも充分過ぎると思う。そういうことへの反動ではないだろうが、このところ発表のレンズにはレトロの風かと思わせるものがいくつか続いている。クラウドファンディングで立ち上げた二本のBiotar (58mmf2 & 75mm f1.5) そしてライカからは来月にも発売予定のThambar90mm f2.2である。

c0202611_16392081.jpg


タンバールの方の公式作例はすでに発表されているが、http://blog.leica-camera.com/2017/10/17/dream-sequence/ この絵で見る限りタンバールユーザーとしてはなんとも言え無い複雑な思いだ。ライカはわざわざデジタルフィルターでは表現できないと断りを入れているのに、一見してトイカメラ風に見えるこれをどう理解していいのか戸惑うが、何はともあれズマロン28ミリの例もあるので、期待半分、不安半分というところだろうか。もっともデジタル画像は同じロウファイルで撮ったものでも、仕上げ次第ではまったく違うものになりえるので、フィルム時代のタンバールのように100パーセントレンズが仕切るという写真の世界はもうないのかもしれないが。

Leica M8 / Thambar 90mm f2.2

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-10-30 16:47 | Leica M8 | Trackback | Comments(10)

在廊の予定です

明日28日の土曜日は在廊の予定です。
c0202611_16301668.jpg
Leica M8
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-10-27 16:32 | Trackback | Comments(10)

やりきれない夜が明けた

やりきれない気持ちのまま夜が明けました。
2017.10.23.

# by b-road | 2017-10-23 09:22 | Trackback | Comments(10)

写真展から見るライカユーザーの変化

いつも同じ頃に同じ場所で展覧会をしていると、カメラを持ってぶらりと現れる人の首からぶら下がる機種にも、流行というか一つの傾向があるんだなーと思います。去年までは結構ライカM8が多く見られたのに、今年はほとんど見なくなり、その代わり240以降の機種が急に増えた感じがします。土曜日に現れたノクティ遣いのUさんも240、S氏はM(240)Pブラック、おしゃれなI氏のM-Pの限定モデルサファリは見事にコディネートされた氏の装いにマッチして、まるで動くイラストレーションのようでした。意外なのは、CCDのモデルでは結構モノクロームに人気があって、俺も私も欲しいと言っている人が結構いました。

240系はデジMで唯一ぼくはパスしたモデルなので、すこし驚きでもあるのですが、しかし携帯が普及したいまやはりライブビューを備えた240は新しいユーザーの取り込みにきっと貢献したのだろうと思うと納得です。現在M10を使っているぼくですが、そのライブビューについてはやはり複雑な思いがあります、しかしこれはまた機会があるときに触れたいと思います。


# by b-road | 2017-10-15 16:24 | Trackback | Comments(16)

再会 M4 BP & Lux501st BP


展覧会の初日、ぼくのブログを見てM4ブラックペイントを持参した人が現れました。使い込まれたボディーにレンズはルックス501stのクロームでしたが、コンデションはなかなか良さそうに見えました。この人はキノプラズマートも持参されて、なんか良さそうなものをたくさん所有されていそうな雰囲気でした。初日からブラックペイントのM4に対面できるとは思ってなかったので、非常に嬉しい。

そして最初の土曜日、こんどはいやーもうビックリです、M4BPにルックス50の1st BP、完璧なドリームセットです。正直声も出ない感じで手にとってそのレンズを眺めました。そしてあとはもう力が抜けたように何にも言えません、気を取り直してM4を構えてルックスBPのヘリコイドを回す、心なしかBPの鏡胴に触れる指の感触はいつもと違うような気もするがヘリコイドはウルトラスムース、もはや雲の上にいる気分です。目の前で次に差し出されたBPのルックス35は完璧なフード付きでしたが、その時にはもう何が何だかわからない状態だったと思います。このオーナーさんはBP大好きだそうで、M2、M3やらも所有されているそうです、あるところにはほんとあるもんですね。それにしても展覧会が始まって早々に、あのコンビが現れるとは思いもしませんでした、わざわざ見せていただくために他県から持ってきてくださったお二人のオーナーさんに心から感謝です、本当にありがとうございました!


# by b-road | 2017-10-08 13:11 | Trackback | Comments(12)

今日からです

お待たせをしました、今日から目黒のブリッツギャラリーで「JULIE Street Performer」の写真展が始まります。
期間は10月3日から12月2日迄のロングランになりますが、どうぞよろしくお願いします。

今日は午後1時頃から在廊の予定です。

東京都目黒区下目黒6−20−29
Tel: 03 3714-0552
www.blitz-gallery.com
c0202611_07242403.jpg




# by b-road | 2017-10-03 08:41 | Julie | Trackback | Comments(16)

preview 6

c0202611_16012761.jpg
Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-30 16:05 | Julie | Trackback | Comments(12)

preview 5

c0202611_10573268.jpg
Leica M4 / Summicron 90mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-28 10:59 | Julie | Trackback | Comments(2)

preview 4

c0202611_05493333.jpg
Leitz Minolta CL / Summilux 35mm f1.4
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-24 05:51 | Julie | Trackback | Comments(6)

preview 3

c0202611_10295059.jpg
Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-20 10:31 | Julie | Trackback | Comments(6)

Preview 2

1982.10.24.
めずららしくこの日は仕事の後でパブに立ち寄る
しかしそれぞれの表情は渋い
それもそのはず、ギターと音楽を担当するマークが
絵の勉強でどうしてもパリに行くという
4人のチーム存続にかかわる話だった
c0202611_06365631.jpg

Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-15 06:54 | Julie | Trackback | Comments(4)

preview

10月3日から始まる目黒ブリッツギャラリーでの展覧会「Street Performer-Julie」に先立ち、そのプレビューとして少し画像をアップしたいと思います。ブログでは本展の展示から外れたイメージをあえて選んでみました。本展は20点ほどですので、入れたくても入らないものや、構成上外した方がいいものなど、本来は見ていただきたいと思うものも少なからずあります。本展の一部をご覧いただくというのが本来のプレビューではありますが、ブリッツでの展示が始まるまでの期間ブログでご覧いただければと思います。

c0202611_11504961.jpg

1982年から撮り始めた「Zoe」のシリーズですが、最初はまだはっきりしたビジョンがあるわけでもなく、どういう風に撮影を展開していったらいいのか雲をつかむような状態でした。ちょうどそんな時、その頃ロンドンのコヴェントガーデンで4人組のストリートパフォーマーを見ているうちに、少しヒントらしきものが湧いてきました。メンバーの一人を中心にした短いフォトエッセイを撮りたくなったのです。短い期間でしたが、追いかけまわして撮った600枚ほどが、その後の「Zoe」の下地になったように思っています。

Leica M4 / Noctilux 50mm f1.0 (レンズデータが間違っていましたので訂正します 2017.9.30)

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-10 11:53 | Julie | Trackback | Comments(6)