b - r o a d

スコットランド 1979

c0202611_08152941.jpg
Leica M3 / Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-02-14 08:24 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(4)

スコットランド 1979

c0202611_08381772.jpg
Leica M3 / Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-02-10 08:51 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(12)

スコットランド 1979

c0202611_06373586.jpg
Leica M3 / Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-02-07 06:38 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(2)

スコットランド 1979

c0202611_14113820.jpg
Leica M3 / Summicron 90mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-02-04 14:13 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(8)

Leica M10 / 新タン

c0202611_10023420.jpg
1月に入ってから続いているタンバールの連投一応これで終わります。

Leica M10 / Thambar-M 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-02-01 10:06 | Thambar | Trackback | Comments(4)

M10 / 旧タン

c0202611_07013525.jpg
Leica M10 / Thambar 90mm f2.2 LTM
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-29 07:03 | Thambar | Trackback | Comments(4)

M9-P / 新タン

c0202611_09395437.jpg
Leica M9-P / Thambar-M 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-25 09:41 | Thambar | Trackback | Comments(2)

M10 / Summilux 50 ASPH

c0202611_10491397.jpg
球面収差が命のタンバールに対して、収差は極力排することを命題にして作り上げたこのズミルックスは90年代以降の銘玉だと思うが、ピント面から後方へのトランジションが非常に美しい。タンバールはピントが意外に深く、後方の残り方も期待に反してそれほど優美ではなく、どちらかといえば平凡だ。専用フィルターを付けた時のリングボケもそれを生かした絵作りは至難の技だと思う。そう思うと、単に復活ではなくて今の技術で全く新しいタンバールを誕生させても良かったのではないかと思う。

Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-22 10:50 | Leica M10 | Trackback | Comments(4)

M10 / 新タン

c0202611_10424130.jpg
Leica M10 / Thambar-M 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-19 10:44 | Thambar | Trackback | Comments(8)

M10 / 旧タン

c0202611_11550949.jpg
Leica M10 / Thambar 90mm f2.2 LTM
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-12 12:04 | Thambar | Trackback | Comments(2)

M9-P / 新タン

c0202611_17104163.jpg
M9-P / Thambar-M 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2018-01-08 17:12 | Leica M9-P | Trackback | Comments(12)

Epson RD-1

年末急にRD−1が気になって中古市場をネットであたってみる。値段が随分高騰しているのに驚く、ほとんどM8と変わらないくらい、そして物が少ない。そうなると急に欲しくなるのが人情で、本当にあの時マップカメラで最後の新品セールを買っておけば良かったな〜と後悔してももう遅い。
c0202611_11030639.jpg
Epson RD-1 / Summar 50mm f2.0
© All rights reserved.




# by b-road | 2018-01-04 11:06 | Trackback | Comments(4)

冬の花

今日は大晦日、今年一年ブログに来ていただいた皆さんに心からお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

c0202611_18381844.jpg

梅雨時のアジサイも美しいけれど、12月になってもまだ冬枯れの中に残るこの花をみつけるとぼくはいつもしばらく眺めてしまいます。というわけで今年最後のスレッドは旧タンバールの連投稿で締めくくりたいと思います。それではどうぞ良いお正月を。

Leica M10 / Thambar LTM 90mm f2.2

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-12-31 18:47 | Trackback | Comments(14)

M9-P / 旧タン

c0202611_17072897.jpg

センサーの交換を終えたM9-Pと旧タンバール、現行モデルのM10と比べても色味は少し違ってやはり独特だ。センサーとフィルムを直接比べても仕方ないが、コダクロームとエクタクロームの違いと言えば、フィルム経験のある人ならわかってもらいやすいだろうか。M8、M9のCCDセンサーのモデルはそれ以降のCモスセンサー機とはやはり一味違うと思う。

Leica M9-P / Thambar 90mm LTM f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-12-26 17:13 | Trackback | Comments(2)

水上バス

c0202611_16434396.gif
Leica M Monochrom / Apo Summicron 50 mm f2.0 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-12-22 16:45 | Leica MM | Trackback | Comments(2)

M9-P センサー交換終了

8月1日のスレッドM9-Pのセンサー交換の件、思っていたよりも早くセンサーの手配ができたということで12月の9日にライカジャパンの銀座店2階の修理窓口に預け、19日に受け取ってきました。修理上シボの交換が必要でそのために少し外観の印象が変わりました。M9-Pのオリジナルのシボは少し硬めでツヤのある仕様で、少し滑りやすくライカらしくないと思っていましたが、今度のシボは少なくとも握りやすく、機能的には好ましいのではないかと思います。またこのシボは一見してM10と同じタイプのようにも見えますが、ぼくのM10と握り比べてみると指先の感触は僅かに違うようにも感じられます。しかしM10は約半年使っていますのでその違いもあり、結局同じものかどうかの判断はつきませんでした。

c0202611_11155093.jpg

ファームウェアは1.210だろうと思っていましたが、予想に反して1.216がインストールされていましたので、念のためライカに問い合わせたところタンバールや75ミリノクティルックスの新しいレンズにも対応している最新のファームウェアですということでした。


# by b-road | 2017-12-20 11:22 | Trackback | Comments(2)

蜘蛛の松五郎

c0202611_10174414.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-12-17 10:19 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

SIGMA 60mm f2.8 DN

シグマから4/3用のレンズやソニーのEマウント用レンズが発売されているのは知っていたし、それがなかなか面白い形状なので気になっていたが、なにせそのレンズで撮ることのできるカメラをシグマ自身持っていない。使うためにはオリンパスかパナソニックあるいはソニーということになるので、なんども量販店の店頭に足を運びアレヤコレヤと手にとってみるが、どれも決め手に欠けると自分は思った。結局パナのGX7Mark2を選び、レンズはシグマをあてにすることにした。

c0202611_10005963.jpg

シグマからDN3兄弟の19mm, 30mm, 60mmが届く、鏡胴の長さが違うだけでレンズフロント径も同じ、F値も2.8で同じ、あとはは好みのフォーカルレンジを選んで下さい、いや是非3本セットでお使いくださいというメッセージだろうか?コンパクトで軽い上に値段も3本まとめても、ちょっとしたレンズ一本分ではある。

19、30、60、のレンズを前にして、あなたならどれを最初に選ぶだろうか?30ミリが一番コンパクトでレンズの長さは40ミリしかない、これで画角60ミリ相当の標準レンズというのも悪くないが、とりあえずパスしてぼくはレンズ長55ミリと最も大柄な60ミリを選んで覗いてみた。明らかに狭い、肉眼で見てカメラを構えて覗くと明らかに狭いのだ、それで2、3歩後ずさりして120ミリの画角を飲み込む。半月ほど経った今はこの2、3歩の間をとった距離からの眺めが少しずつ身についてくるような気がして、これはこれでいいかもしれないと思いつつある。5年前DP3メリルを最初にプラハで手にした時、福井信蔵さんに75ミリって撮りにくいわーと言ったことを想い出す。

c0202611_11350250.jpg
GX7m2 / SIGMA 60mm f2.8 DN
© All rights reserved.




# by b-road | 2017-12-15 10:09 | Trackback | Comments(2)