b - r o a d

カテゴリ:Leica M8( 58 )

M8

ライカM8の液晶周りに並ぶボタンの白い文字が半分ほど消えてしまったので、ライカ銀座店に補修をお願いした。液晶も含めたパネルの交換になると費用も高くなるし、そもそも交換部品があるのかどうかも心配だったが、幸い文字の書き直しの補習だけで済んだので助かった。おかげでM8は背面だけ見れば新品かと思うほどに綺麗になって帰ってきたので、大変に嬉しい。
c0202611_16454458.jpg
2006年の発売からその後のM9、240、そして現行のM10までライカデジタルMシリーズはこの間そのシャッターの音や感触が少しづつ変わって来たが、ぼくの好みで言えばM8のシャッターを超える感触のデジタルMは他に無い。シャッターを押した指先の感触と、切れる瞬間を感知する脳との一体感が得られるのはM8しかなく、M9以降は全部落第だとぼくは思っている。それに加えてあの少しアグレッシブな音がなんとも言えずに気持ちがいい、スイッチボタンではないシャッターボタンを備えた唯一のデジタルMがM8だ。

by b-road | 2019-05-18 17:19 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

椅子

c0202611_14214047.jpg
Leica M8
© All rights reserved.



by b-road | 2019-05-10 14:23 | Leica M8 | Trackback | Comments(2)

M8 / Thambar

c0202611_08162992.jpg
Leica M8 / Thambar 90mm f2.2 L
© All rights reserved.


by b-road | 2018-11-06 08:17 | Leica M8 | Trackback | Comments(10)

炎上

c0202611_11463629.jpg
Leica M8 / Noctilux 50mm f1.0
© All rights reserved.


by b-road | 2018-04-25 11:47 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)

retro

高画素化されたデジカメは写るということに関して今やどこのメーカーのものでも充分過ぎると思う。そういうことへの反動ではないだろうが、このところ発表のレンズにはレトロの風かと思わせるものがいくつか続いている。クラウドファンディングで立ち上げた二本のBiotar (58mmf2 & 75mm f1.5) そしてライカからは来月にも発売予定のThambar90mm f2.2である。

c0202611_16392081.jpg


タンバールの方の公式作例はすでに発表されているが、http://blog.leica-camera.com/2017/10/17/dream-sequence/ この絵で見る限りタンバールユーザーとしてはなんとも言え無い複雑な思いだ。ライカはわざわざデジタルフィルターでは表現できないと断りを入れているのに、一見してトイカメラ風に見えるこれをどう理解していいのか戸惑うが、何はともあれズマロン28ミリの例もあるので、期待半分、不安半分というところだろうか。もっともデジタル画像は同じロウファイルで撮ったものでも、仕上げ次第ではまったく違うものになりえるので、フィルム時代のタンバールのように100パーセントレンズが仕切るという写真の世界はもうないのかもしれないが。

Leica M8 / Thambar 90mm f2.2

© All rights reserved.


by b-road | 2017-10-30 16:47 | Leica M8 | Trackback | Comments(10)

M8 / Summilux 50mm ASPH

c0202611_07251322.jpg
Leica M8 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


by b-road | 2017-05-08 07:37 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)

シボレー

c0202611_17042270.jpg
Leica M8 / Nokton 50mm f1.1 VM
© All rights reserved.


by b-road | 2017-03-14 17:06 | Leica M8 | Trackback | Comments(8)

M8とバッテリー

c0202611_18594974.png

今年の冬になってから、ぼくのM8用のバッテリーは極端に電圧が下がるようになって、時には戸外で使うと20枚も撮らないうちに動かなくなっていたので、しばらくM8の使用を止めていた。もっともこのバッテリーは5年ほど予備のバッテリーもなく、せっせとM8を動かしてきたのだから当然なのだが。しかしM8が使えないとなると何かと不便、新しいレンズも最初に付けてみるのはM8なので。そこで久しぶりに新しいバッテリーを購入することにした。もちろん一本だけで予備は無し、これもまた寿命が来るまで使い切ることになるだろう。新しいバッテリーにして驚いたのは、液晶表示のバッテリーマークが完全に消えても、なおその後数点撮れたことだ。これまでの使ってきたライカのデジタルMではこんなことは一度もない、カメラもバッテリーも共に新品でも、残りが25%になったあたりから、ちょろちょろとトラブルが現れるのはM9でもモノクロームでも同じ、ライカのデジMはそういうものと思って使ってきたが、はーんこの新しいバッテリーは、10年落ちのM8のバッテリー消費を正確に表示?正直まだ信じられない気分。バッテリーの品質が良くなっているのか?ファームウェアの更新なんてずーっとないんだから、やっぱりこのバッテリーの個体なのかなーなんて思っているけど、M8なんだか気分一新です。

©All rights reserved.



by b-road | 2017-02-15 19:03 | Leica M8 | Trackback | Comments(14)

冬籠り

c0202611_22023889.jpg
Leica M8
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-24 22:04 | Leica M8 | Trackback | Comments(12)

M8 / Color Heliar 75mm f2.5(L)

c0202611_08461763.jpg
カラーヘリアー75ミリf2.5はすでに製造中止になっているレンズですが、標準レンズと変わらない大きさの中望遠レンズで、バルナックでもMでも使えるのが便利です。コンパクトですが、絞り羽根も10枚、鏡胴の作りも大変きれい、クラシックなスカロップシェルのローレットがとても似合うハンサムなレンズで気に入っています。
僅かに艶のあるブラック塗装は、ぼくの黒塗りのM8にぴったり、重宝しています。
M8 / Color Heliar 75mm f2.5 (L)
© All rights reserved.



by b-road | 2016-11-21 09:07 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)