b - r o a d

カテゴリ:らいかあれこれ( 5 )

Leica ⅢG / 50本

年頭にあたって目標を立てたり計画を立てたりする方ではないが、今年はささやかな目標をひとつ。
バルナック型のライカで50本撮る努力をすることにした。
状況からみて35ミリで50本はけっこう難関だと思うが、どこまでやれるかとにかく決めた、そして来年の今頃どのくらい達成できたのかブログで報告したいと思います。
c0202611_14371136.gif

© All rights reserved.
by b-road | 2015-01-08 14:42 | らいかあれこれ | Trackback | Comments(28)

MinoltaCL / Apo Summicron 50

c0202611_985756.gif

前回はネガをスキャンして出てきた画像を素直にアップロードしたが、今回は同じロールのネガに依るものだが、もう少し自分好みに仕上げてみた。同じレンズで同じように現像されたネガでも、随分印象は違うようになる。

アポズミクロン50ミリは、去年の5月にロンドンで最初に少し触った時もスレッドに上げてあるが、その時の印象を「柔らかいか硬いかといえば、硬い」と自分で書いているが、今回の印象では硬いレンズというのは適切ではないと思った。全体的には他の50ミリとは違う独特な描写を感じるが、それをうまく言い表すことができない。
MinoltaCL / Apo Summicron 50mm f2.0 TriX
© All rights reserved.
by b-road | 2013-03-02 09:29 | らいかあれこれ | Trackback | Comments(10)

Noctilux 50mm f1.2

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by b-road | 2012-05-07 03:28 | らいかあれこれ

Summilux 50mm

c0202611_10342045.gif

C Sonnar の50ミリが手元に来てから、50ミリのズミルックスの出番がなくなってしまった。
ゾナーとズミルックスでは描写の違いももちろんあって、細かく比較して長々と書くことはできるが、それは写真を撮る上でどうしてもということではない、とぼくは思う。すごく乱暴に言えば、どっちを使ったってできる写真に違いはないんだが、出掛けるときにすーっと手が出るのはC Sonnar になってしまった。
M8 / Summilux 50mm f1.4
© All rights reserved.
by b-road | 2011-12-27 10:50 | らいかあれこれ | Trackback | Comments(6)

ポスト・球面ズミルックス35

この作例を撮るまではもうほとんど球面ルックスにUターンのはずだった。
以前のスレッドでもズミルックス35ミリ非球面についてぼくは一方的な書き方をしてきたし、それほど期待も持っていなかった、しかしこの一枚でぼくの気持ちは今大きく揺らいでいる。

c0202611_1424864.gif


このレンズは非球面になった最初の手磨きといわれる小ロットのレンズでも、また今年発売になったフローティングを組み込んだ巷間vⅡと言われるレンズでもない、その両者の中間でもっとも製造数が多い機械磨きの35ミリズミルックス非球面タイプでシリアル番号は404万台である。
この作例はM8のRAW撮りで、現像はLR、絞りは開放の1.4、ISO640という条件下のものである。
M8 / Summilux 35mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2011-12-13 14:26 | らいかあれこれ | Trackback | Comments(8)