b - r o a d

時々 M-D (5)

c0202611_16045771.jpg
Leica M-D
© All rights reserved.


by b-road | 2019-05-01 16:05 | Leica M-D | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/30253068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jpapa at 2019-05-03 20:10 x
まるで絵のようだ!と言えばそうだし、
何とも写真らしい!と言えば、それも当てはまってしまう。
矛盾しているようでいて素直な感想です。
そしてずっと見ていたいと思ってしまう。
ああ、だからセイケさんの写真は凄いのだと思いました。

NikonでもM-Dでもフィルムでも、やはり使う人の力が一番大きいと毎度ながら唸ってしまいます。
それを承知の上で、やはりレンズやボディ選びも大切なわけで、
写真を拝見しながら、物事は矛盾を抱えながら答えを探すしかないのだなぁ、と一人で勝手に物思いに耽っています。

見る人にいろんなことを感じさせ、考えさせる力のある写真を撮れる人になりたいなぁとも思いました。
見る側が何を考えようと、当のセイケさんは、被写体を決めたら撮るだけだよ、なんておっしゃりそうな気もしますが。(笑)
Commented by b-road at 2019-05-04 18:17
jpapaさん、コメントありがとうございます。
世間風に言えば、令和になって当ブログでは初めていただいたコメントになります!

思ってもいないような見方をおしえていただくのも、ブログで写真を見ていただく時のたのしみの一つだと思っていますので、ご自由におっしゃって頂ければと思います。


Commented by pipopapo-d at 2019-05-05 12:06
こんにちは。
黒の出方がモノクロフィルムのようです。
水辺の景色をときどきトライしてみますが、水面の微妙な揺れ具合がなかなかこのようにならず、風が強くて木がバラバラになったり、逆に揺れずにただ反対に写ってたりして、うまくいきません。
粘りが足りない名ですが、セイケさんはじーっと待たれるほうでしょうか?
Commented by b-road at 2019-05-05 21:01
pipopapo-dさん、コメントありがとうございます。
水面はやはり風の有る無しによって全く変わりますし、少しの間でも自然条件は微妙に変わりますので、
ある程度のお付き合いは必要になると思います。しかしこちらはどうすることもできませんので、諦めることもよくあります。しかし同じ場所で同じ時間帯でも微妙に違いますので、結局はその時のこちら側のこころの持ちようが左右するということになるのかもしれません。
Commented by BROS2015 at 2019-05-05 21:52
こんばんは。
素敵なバランス感覚ですね!
一枚の絵のように感じました。
レンズは何をお使いだったのでしょうか?
Commented by b-road at 2019-05-06 11:19
BROS2015さん、コメントありがとうございます。
使用レンズはタンバール90ミリオリジナルLマウントタイプのものです。
Commented by BROS2015 at 2019-05-09 20:27
私はライカレンズに詳しくないのですが、タンバールというレンズで撮られた写真を見ると
すごく世界観があって、引き込まれていくようです。
何か遠い昔を思い出すような。
Commented by b-road at 2019-05-10 15:03
BROS2015さん、レンズの個性ははっきりしていてなかなか強烈です。
それだけに扱いは難しく、このレンズを使いこなすのはやさしくありませんが、
挑戦する楽しみもあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。