b - r o a d

超弩級40ミリ・SIGMA 40mm f1.4 DG

c0202611_14211577.jpg

おそらく35ミリ版の40ミリでは他に例がないくらいの重さと大きさのこのレンズは、気軽にスタスタと歩き回るには荷が重い。レンズの塊のような1、2キロを肩から下げて歩くのは年寄りにとっては筋トレの様なもので、これは車がないとアカンというのが第一印象。しかし流石にその描写は並大抵でなく、ぼくの所有するどのレンズと比べても解放f1.4の描写ではナンバーワン、うーんと言って二の句が出ない。それの加えて独特の艶を含んだ描写は、縦横に試すことができる体力が欲しくなる。ニコンマウントにFTZを付けてもマニュアルでフォーカスするしかないz7では、使い勝手はお世辞にもいいとは言えない。拡大画像をシャッターボタンで解除するように早々にファームウェア改善してほしいと思うのだがニコンは何を躊躇しているんでしょうね、それともこのままですか?まさかと思うけど、、、。

c0202611_14221494.jpg
Nikon z7 / SIGMA 40mm f1.4 DG
© All rights reserved.


by b-road | 2019-03-26 14:31 | Nikon z7 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/30186511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k-onm at 2019-03-30 10:12
 20mm、24mm、35mmのartを手に入れました。
 35mmはα7sで使用すると、AFがイマイチです。24mmは焦点距離が近い20mmと自ずと比べてしまいますが、解像度というよりは階調で20mmの勝ち。結局、大きさ重さにためらいがちな24mm、35mmが少々見劣りし、一番大きく重い20mmが一番いいですね。
 大きく重くても描写が優れていれば価値があるという危なっかしい経営判断にシグマは賭けて勝ちましたが、同じシグマ内でもそれは真理だと思いました。

 今から買うなら、35mmより大きく重い40mm、24mmより28mmだと思いますね。たぶん。
 シグマを買うなら、大きく重い方が正解だと感じます。おっしゃる通り筋トレレベルなので、徒歩では二本以上のレンズを持ち歩くことは諦めなければなりませんが、それこそ単焦点レンズを使う醍醐味かもしれません。

 旧世代の28mmf1.8がアウトレットで安く手に入ります。
 手放してしまいましたが、artと比べると、色が薄く、平面性も怪しげです。
 でも、モノクロに変換してみたら、悪くない。というか、面白いと思いました。自分としては、タンバール的なレンズとして、改めて手に入れようかなと思っています。

 ライカを所有できるセイケさんが、シグマやニコンを思い入れを込めて使うというのが面白いですね。
 ライカとは比べるべくもありませんが、シグマも歴史的な厚みを感じるようになって来ているようにも思います。

 フォトヨドバシで、がっぷりツァイスという本を買いました。技術者のスター選手がいて、面白かったですね。戦後の東ドイツから西ドイツへの技術者の移送は、もはやスパイ映画レベルでスリリングでした。
 それはともかく、シグマにも、こうしたスター技術者がいると思うんですよね。ぜひ紹介してくれないかな。日本的にスター選手なしで全員野球というなら別ですが。
Commented by b-road at 2019-03-30 17:11
k-onmさん、コメントありがとうございます。
シグマのレンズについて、大きく重いのが一番と言い切るのは、相当なことだと思います。20ミリ、24ミリ、それに28ミリのartも触ってもいないぼくには何も言えませんが、貴重なご意見と思います。現在のartシリーズのコンセプトはこれまでそういう方向できていますが、使う方からするとやや心配でもあります。単焦点がどれも1キロあるいはオーバーというのは、使用者から見ても限界があります。技術者も若い人が中心だと思いますが、この今の経験の後にどういう方向を見つけるのか、彼らに期待したいと思います。ただ最高のレンズが最高の写真を約束するわけではありませんから、難しいんですよね、、、。

Commented by jpapa at 2019-03-31 14:12 x
独特の艶が、ぼくにはちょっと怪しげに感じられて惹かれます。何か物語が動き出しそうな気配を感じます。また、その艶やかで怪しげな光はぼくの記憶の中にある、何かのモノクロ映画で見た光に似ているように感じました。特に何の映画というのはわからないので、色々見た映像から脳みそが勝手に作り上げた好きな光なのかもしれませんが。
特に1枚目を拝見した時に、映画だぁ、と思いました。
確かに1キロオーバーはキツイですが、撮ってみたくなるレンズですね!
Commented by b-road at 2019-03-31 18:22
jpapaさん、コメントありがとうございます。
1.2キロですからいくらシャープでもそれだけではとぼくは思いますが、プラスサムスイングぼくの言い方では艶という表現になりましたが、そういうものがあると思いました。
縦横に使うだけの体力に欠けますので、愛用にはできませんが、体力に自信のある人はぜひトライしてほしいです。
Commented by swann at 2019-04-01 00:09 x
NOCTILUX-M 75 f/1.25 ASPH.の40だよねこれってって友人と話していたところでした。
Commented by b-road at 2019-04-01 08:27
swannさん、その重さにおいては本当にそうですね。
ただ75/f1.25は触ってもいませんのでそのレンズについては何とも言えません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。