b - r o a d

Thambar on Nikon z7

c0202611_12084615.jpg
Nikon z7+ RAYQUAL(LM-NZ) / Thambar 90mm f2.2(L)
© All rights reserved.


by b-road | 2019-02-10 12:13 | Nikon z7 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/30094346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by RoyScheider11 at 2019-02-10 16:24
こんにちは、セイケさん。

Z7を使われていることに驚愕致しました。
昨年、写真展でお話を伺った際は発売して間もない頃でしたが、ニコンに対する信頼と共に作例にはピンとくるものがほとんど無く、セイケさんの『Z7には本当に期待していたのに…』というお気持ちを私は感じました。

その印象からZ7を使用されることはないと勝手に思い込んでいたところに、今回の写真です。何か劇的に心境を変化させる出来事があったのでしょうか。

それとも、セイケさんであればZ7でこのような写真を撮る!と、挑戦されるお気持ちが生まれたのでしょうか。

使われているレンズが旧タンバールであることも印象的です。
タンバールのように使いこなしが非常に難しいレンズをライブビューで確認しながら撮影できることは、ある意味ミラーレスの最大の価値であると思います。

製造から最低でも70年経過しているレンズと、最新のミラーレス機の組み合わせ。相乗効果で新しい世界が生まれることを期待してしまいます。

長文及び乱文・乱筆、失礼致しました。
Commented by b-road at 2019-02-10 22:15
RoyScheider11さん、コメントありがとうございます。
あの頃はそう思っていましたし、欲しいとも思いませんでしたが、時間がそうさせるような気がします。そしてニコンF世代のぼくはあの質実剛健そのもののようなFの思いはいまだに消えません、デジタルになっても時々店頭で覗いてみるニコンのファインダーは他のメーカーとはひと味違って見えました。カメラを作らせたらやはりニコンという思いもまたこの40数年間思い続けてきたように思います。それやこれやいろんなものが混じり合って、結局z7の購入を決めました。
NikonF2以来40数年ぶりのニコンです。手にして見たもののすんなりとはいきませんでしたが、それはまた次の機会にお話しできればと思います。タンバールという相棒を見つけて、z7はやっとぼくのところで居場所を見つけたという感じでしょうか、、、。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。