b - r o a d

SIGMA dp3Q 原画展のお知らせ

今週2月8日から代官山北村写真機店でSIGMA dp3Q 原画展がスタートしますので、お知らせいたします。ライカM8のユーザーである知人が、ある日M8からSIGMA dp3Qにシフトするのを偶然目撃したことからこの展覧会は始まります。これについては16日のトークショウでもお話したいと思います。開催期間、トークショウの日程等については次のウェブサイトをご覧ください。

c0202611_16122775.jpg
SIGMA dp3 Quattro 小冊子から 
© All rights reserved.




by b-road | 2019-02-03 16:18 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/30083426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ketangun at 2019-02-03 17:16 x
早速トークショーに申込みました。
楽しみにしております。
Commented by b-road at 2019-02-03 19:46
ketangunさん、ありがとうございます。
シグマの桑山氏もきていただきますので、いろいろお聞きしていただければと思います。
Commented by RoyScheider11 at 2019-02-08 13:39
セイケさん、御無沙汰しております。

今回は私の2年越し(小冊子が出た時であれば3年越し)の夢を叶えてくださり、大変嬉しく感じております。
本日、午前中に展覧会に伺いました。
想像以上に素晴らしいプリントの数々は正に眼福としか言いようがありません。

今回の写真は先に小冊子、ウェブサイトと拝見しておりましたが、私はやはり紙のプリントが最も美しいと感じます。

小冊子ではわからなかった暗部の描写はウェブサイトでも確認できますが、美しいと感じるのは実際のプリントで見るトーンの方です。

また、小冊子やウェブサイトではそれ程印象的ではなかったものが、今回プリントで見ると印象が一変して、非常に強く心に残ったものもありました。

写真というものは、プリントまでしてみないとわからないことがあるのだと改めて感じ入りました。

展示している写真の上には大画面のモニターがあり、ブログで拝見していた他のdp3 Quattroの写真が表示されており、これも非常に面白い試みだと思いました。
普段はPCの小さな画面でしか見ていない為、大画面で見る写真も新鮮だったのですが、私はこの大画面モニターがあることでプリントされた作品がより温かみのある素晴らしいものに見えました。

今回はこのような機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

長文及び乱文・乱筆、失礼致しました。
Commented by b-road at 2019-02-08 20:11
RoyScheider11さん、早速初日に訪れていただき、有難うございました。
またいつもなのですが、丁寧に見ていただき貴重なコメントを頂戴してうれしく思います。
ご指摘のようにデジタルではプリントをつくる意味が大切だと思います。思えば10年前もしプリントの出力を放棄していたら、今もシグマのカメラの良さは知らないで終わっていたと思います。今回もそのことを改めて思い直しました。そういう意味でも今回プリントの展示をご覧いただいて、本当に良かったと思っています。
Commented by ketangun at 2019-02-16 19:15 x
トークショー楽しめました。
(セイケさんから見て左後角に座っていました。)
セイケさんをお姿を間近に拝見できた上に、
SIGMAが普通でない会社であることを再確認できました。(笑)
dpはこれまで何度も買おうとして我慢してきましたが、また物欲が再燃しそうです。
お疲れ様でした。
Commented by b-road at 2019-02-17 06:48
ketangunさん、トークショウに来ていただきありがとうございました。
SIGMAはたしかに普通の物差しでは測れないような会社かもしれませんね、dp3Qの小冊子だって他社では絶対に出てこないでしょうから。フルサイズそしてLマウントのカメラがどんな姿で現れるのか、楽しみに待ちたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。