b - r o a d

The Connaught Tomio Seike

ロンドンのメイフェアーにある老舗ホテルConnaughtとギャラリーHamiltonsのコラボレーションの話しがあったのは5年ほど前、最初は10ページほどの綺麗な小冊子を作りたいという話しで始まりました。両オーナーの好きに撮っていいですよという意向で、折をみて撮っていたのですが昨年末小冊子どころか、とんでもなく立派な本が出来上がってきました。ただし限定300部(非売品)はConnaughtの特別なお客様に贈られるということです。

c0202611_10270654.jpg
© All rights reserved.


by b-road | 2019-02-03 11:14 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/30082974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by makichicamera at 2019-02-03 12:13
セイケ先生
ご無沙汰しております。

以前、お話して下さった写真集が出来上がったんですね!
本当におめでとうございます!
限定非売品との事で内容を拝見出来ないのが残念でなりません。

機会がありましたらまたお話を伺いたいと思っております。

寒さ厳しき折り、お身体ご自愛下さいませ。
Commented by b-road at 2019-02-03 19:43
makichicameraさん、コメントありがとうございます。
御地の和紙がふんだんに使われています、素晴らしいです。
Commented by makichicamera at 2019-02-03 23:15
もし拝見することが可能でしたら
その時は宜しくお願い致します。
お会い出来る日を楽しみにしております。
Commented by jpapa at 2019-02-05 20:35 x
素敵な和風の仕上げの本に、セイケさんのどんな写真が収まっているのでしょうか?いつになく、和な雰囲気の写真を撮られたのでしょうか?この表紙を開くワクワクを感じることができる方は幸せですね!いつか機会があったら、お話だけでもお聞きしたいです。気になります。素敵なんだろうなぁ。
Commented by b-road at 2019-02-06 16:59
makichicameraさん、こちらこそよろしくお願いします。
Commented by b-road at 2019-02-06 17:07
jpapaさん、和の趣は本の表装が主で、中の写真は全くそういうことはないと思いますが、
これは自分だけの思い違いかもしれません。今回の撮影機材はM.MonochromとM10で
デジタル撮影の本としては自分にとって3冊目ですが、モノクロームの印刷に深みがあって、
印刷の仕事ならもうデジタルで十分と初めて思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。