b - r o a d

M10 / 7artisan 50mm

c0202611_11155886.jpg
Leica M10 / 7artisan 50mm f1.1
© All rights reserved.


by b-road | 2018-07-08 11:17 | 7 artisans 50mm | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/29620835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kiwi at 2018-07-08 23:35 x
セイケ先生の7artisan 50mm f1.1の写真楽しみです。ありがとうございます。
Commented by b-road at 2018-07-09 08:20
kiwiさん、コメントありがとうございます。
3万円台でノクティワールドに迫れる希少なレンズで、ぼくがアマならこれでプロを打ち落としたいと思わせるレンズです。
Commented by murayama at 2018-07-12 15:43 x
上のコメントと同じで恐縮ですが、7artisan 50mm f1.1の写真とコメントありがとうございます。

Leica を使いはじめたときは、カメラバッグの中のレンズの半分が非 Leica(国産)でした。
その後、余裕があるときにひとつひとつ Leica のレンズに置き換わっていき、いったんはなくなりました。
それが一巡し、いまは「良いレンズは良い」ということで国産レンズも積極的に使っています。
それは、こちらのサイトでセイケさんが、非 Leica(国産)レンズがレンズとして魅力的な場合、それをポジティブに評価なされるためのように思っています。
Leica ブランドへの絶対的なこだわりもアマチュアではあり(趣味の世界なので)と思いますが。

先日のタンバールの件のご返事ありがとうございました。
古いものを復刻することの意義はありますが、旧タンバールを作ったスピリットを現代によみがえらせて、精魂のこもった「これが今の Leica の考えるタンバールだ」というものを見せてくれたら、その写りにとてもわくわくしたのではないか?(写真家も技術者も)というように思いました。

Commented by b-road at 2018-07-13 08:09
murayamaさん、いつもコメントありがとうございます。
写真家がその作品を撮るのにコミットするレンズはせいぜい2、3本ではないかと思います。そういう意味ではアマの人の方が数もたくさん、そして今はネットのおかげで知識も豊富、写真だって俺たちの方がプロよりも上と思っている人はたくさんいるんだと思います。ライカだって今はiPhoneユーザーからいきなり入ってくるのが普通の時代ですから、ライカユーザーといっても昔のそれとはもう違う世界になっています。評価の軸が変わってしまっていますので、お付き合いがなかなか難しくなってきてしまいました。 murayamaさんのようにストレートなコメントもだんだん少なくなっていますので、大変ありがたいと思っています。