b - r o a d

スコットランド 1979

c0202611_08224740.jpg
Leica M3 / Summicron 90mm f2.0
© All rights reserved.


by b-road | 2018-04-03 08:24 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/29410382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うさぎの介護人 at 2018-04-05 00:59 x
セイケさん,こんばんは。
この写真の淡い落ち着いたトーンがとてもいいです。甲板に人がいて,そこから奥へ広がるカモメや遠くのタンカーまでの距離感と波のボケ味が柔らかく,ズミクロン90ミリの写りの美しさを感じることができますね。スコットランドと海は切り離せないつながりがあるのだと感じます。
Commented by b-road at 2018-04-05 21:34
うさぎの介護人さん、こんばんは。
この初代ズミクロン90は大きくて重いレンズですが、今でも通用するいいレンズだと思います。開放から結構シャープですし、ボケもよし、そして絞ってもよしの文句無しで、さらに言えば今は価格も非常に安い。中古屋に寝かせておくにはもったいないレンズです。
Commented by うさぎの介護人 at 2018-04-07 20:43 x
セイケさん,こんばんは。
今日は肌寒い一日でしたね。早速のお返事をありがとうございました。初代ズミクロン90ミリ,縁があって手元にやってきました。中古カメラ屋でスクリューマウントのきれいな90ミリ(1960年頃のもの)があり,すすめられるままについつい買ってしまいました。セイケさんのこのレンズに対する色々な角度からの評価も参考になりました。ところで,このスコットランドシリーズについてですが,私が先日Kindleで購入したカメラマガジンのバックナンバー(No.15)に掲載されていた作品のシリーズと同じ時期のものだと分かりました。スコットランドの海辺に近い小さな町のバーやカフェの作品から見ても風景が一致していました。偶然の発見でとても楽しめました!フィルムがイルフォードHP5でこの海の写真の淡いトーンもきっと同じフィルムかなと想像します。ズミルックス35ミリについての掲載記事もとても興味深く読ませていただきました。このスコットランドの一連の写真にはセイケさんの原点というか,作品に対する深い想いや歴史があるのだと記事を読んで感じました。
Commented by b-road at 2018-04-08 07:42
うさぎの介護人さん、お早うございます。
60年代はレンズの仕上げもきれいでしっかりしていた時代だっと思います。良さそうですね!
カメラマガジンのバックナンバーはKindleでも見ることができるんですね?時代の速い流れを感じます。
70年代の終わりはM3で四苦八苦していました。今はそのM3も50ズミクロンも手元にありませんが、ルックスの35と90クロンは手放せなくて、側にあります。どちらもドクターマンドラー氏の銘玉、もちろんカナダライツ製で、ライカの黄金時代でした。