b - r o a d

スコットランド 1979

c0202611_11570903.jpg
Leitz minolta CL / Summilux 35mm f1.4
© All rights reserved.


by b-road | 2018-03-26 11:58 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/29393890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うさぎの介護人 at 2018-03-28 09:53 x
セイケさん,こんにちは。
私は家具が好きで,この写真にあるアンティークの椅子の曲線のデザインがとてもいいなと思いました。このシリーズの三つ前の写真のカフェと同じ場所と思いますが,窓の向こうはどんな景色が見えるのか想像してしまいます。椅子の座面の細かなディテールが光によってくっきりと写っていて,このレンズの描写の繊細さが伺えいいですね。
Commented by pipopapo-d at 2018-03-28 21:49
こんばんは。
ティータイムでしょうか。食器が下げられる前そうなので、余韻が感じられます。何かエピソードがあるのでしょうか。
Commented by b-road at 2018-03-29 12:41
うさぎの介護人さん、このタイプの椅子はあの頃はどこでも見られたものですが、今でも時々場末のカフェやレストランで見ることができます。椅子の座面の模様が特徴ですね。
Commented by b-road at 2018-03-29 12:52
pipopapo-dさん、こんにちは。
ぼくが入る前にこのテーブルで過ごした、多分若いカップルの余韻なのでしょう。二つのガラス器に残されたスプーンが二つ、夏ですからきっと冷たいものでも食べて、お茶も飲まずに立ち去ったのかと思うと、懐具合も伝わってきます。
どんなカップルがどんなことを話してこのテーブルでひと時を過ごしたのか、いろいろ想像することができると思います。
Commented by imai209 at 2018-03-29 19:57
セイケさま、こんばんわ。 私も実はイス好きで、美しいフォルムのイスやベンチを見ると座るよりもまず見とれてしまいます。このイスの背もたれの形もよくありそうな形ですが、味わいがあります。シンプルなテーブルの形も質素ながら、用の美を感じます。
ある人が欧州の高速列車の座席は何時間かけていても腰も尻も痛くならないと云っていましたが、イス文化という点では日本製のイスはイマイチかもしれませんね。
Commented by b-road at 2018-04-01 15:20
imai209さん、「座るよりも見とれてしまいます」というのは本当にそうですね、自分もそうしているように思います。
椅子そのものもそうですが、椅子やソファーに腰掛ける姿もいまいち、もう少し時間が要るということかもしれません。