b - r o a d

スコットランド 1979

c0202611_08445164.jpg
Leica M3 / Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.


by b-road | 2018-03-13 08:46 | スコットランド 1979 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/29367425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by liverbird at 2018-03-13 10:09 x
ご無沙汰しております。お元気でお過ごしでしょうか?
一連のスコットランドシリーズ、興味深く拝見しております。M3とズミクロン50mmという組み合わせに、ちょっぴりの違和感と驚きを感じてしまいますが、久しぶりにM3を取り出してファインダーを覗くと、50mmを付けた時の見えやすさはしみじみいいなぁと思います。窓の向こうは潜水艦ですかね?私には見慣れた風景で、海外へ行っても港町というのは心落ち着くのですが、軍艦を見るとイデオロギーを超えて感傷的になってしまいます。
Commented by b-road at 2018-03-13 19:54
liverbirdさん、コメントありがとうございます。
あの頃は買ったばかりのM3をなんとか使わなければと思ってそれだけで使っていましたが、実はあの丸い枠のM3のファインダーはその後もずーっと大嫌いでした!その後のM4の四角いフレームラインの方が気持ち良く使えます。今も手元に一台M3がありますがこれはもっぱら90ミリ用で、90ミリならこれはもうM3に勝る機種はありません。というわけでぼくはM3で50ミリというコンビではほとんど撮っていないのです。
Commented by imai209 at 2018-03-13 23:55
フィルムで撮られたスコットランドのシリーズを楽しく拝見しております。このシリーズで展覧会を...などと勝手な希望を抱いていますが、その可能性はいかがでしょうか。
Commented by b-road at 2018-03-14 16:49
imai209さん、ありがとうございます。
展覧会での展示は考えていません、ブログでご覧いただければと思っています。
Commented by うさぎカメラマン at 2018-03-26 05:32 x
ある時までスコットランドは「山」のイメージだったのですが、その後「海」もいいなあと思う様になりました。 
窓の向こうに島?が見えていて何となく西海岸かなあとも思いました。ObanとかKyle of Lochalshとか。
ちょっとだけ俯瞰で海が見えるパブ(レストラン?)いいですね。
左の方も気持ちよさそうにビターか何かでも飲んでいらっしゃる様!

「一眼レフはファインダー内で絵が出来すぎるが、レンジファインダーは素通しなので、写真を撮ることに対してごまかしがきかない。しっかり被写体を見ないといけない」旨のセイケさんの文章を以前何かで拝見しましたが、この写真を見て突然その事を思い出しました。
あースコットランドの島々へも行ってみたくなりました。
Commented by b-road at 2018-04-01 06:39
うさぎカメラマンさん、どこだったか正確に覚えていませんが、多分スコットランド西部の海辺だったと思います。
RFと一眼タイプの違いはいろいろ指摘ができると思いますが、その点がポイントだと思っています。RFライカは肉眼レフと言ってもいいほど、写真はカメラを構える前にできている、一眼タイプのカメラは覗き込んでからあれこれと工夫してつくる、自分の目で良く見ることが基本のRFは、自分の眼が要求されるカメラだと思います。同じライカでもSQ、SLとは別の世界ですね。