b - r o a d

M9-P センサー交換終了

8月1日のスレッドM9-Pのセンサー交換の件、思っていたよりも早くセンサーの手配ができたということで12月の9日にライカジャパンの銀座店2階の修理窓口に預け、19日に受け取ってきました。修理上シボの交換が必要でそのために少し外観の印象が変わりました。M9-Pのオリジナルのシボは少し硬めでツヤのある仕様で、少し滑りやすくライカらしくないと思っていましたが、今度のシボは少なくとも握りやすく、機能的には好ましいのではないかと思います。またこのシボは一見してM10と同じタイプのようにも見えますが、ぼくのM10と握り比べてみると指先の感触は僅かに違うようにも感じられます。しかしM10は約半年使っていますのでその違いもあり、結局同じものかどうかの判断はつきませんでした。

c0202611_11155093.jpg

ファームウェアは1.210だろうと思っていましたが、予想に反して1.216がインストールされていましたので、念のためライカに問い合わせたところタンバールや75ミリノクティルックスの新しいレンズにも対応している最新のファームウェアですということでした。


by b-road | 2017-12-20 11:22 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tseike.exblog.jp/tb/28667754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by masaki at 2017-12-20 12:06 x
セイケセンセイのM9-Pは初お披露目ではないでしょうか。私のM9-Pも早々にセンサー交換してずっと愛用してましたが、M10購入後は出番が無く旅立ちました。最近になってまたCCDに欲が出て来てしまい困ったものです。使い込んであるM-Eを中古で見た時はグラつきました。
Commented by b-road at 2017-12-20 18:36
masakiさん、M10購入後出番がなくなりというのはよくわかります。自分も同じような状況ですが、最近はM9の色を手放せなくなっています。やっぱりM9の色は格別で、Cモスのセンサーでは望めません。実に悩ましいと思います。