「ほっ」と。キャンペーン

b - r o a d

Top

ユニオン・ジャック

c0202611_1846494.gif

SIGMA dp3 Quattro
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-04-26 18:47 | DP3 Quattro | Trackback | Comments(2)

Triumph

c0202611_19562084.gif

SIGMA dp3 Quattro
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-04-18 19:59 | DP3 Quattro | Trackback | Comments(8)

フランコの理髪店

c0202611_1916275.jpg

SIGMA dp3 Quattro
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-04-12 19:26 | DP3 Quattro | Trackback | Comments(2)

さ く ら

c0202611_10392938.jpg

Leica Monochrom
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-04-04 10:40 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

カーテンと煙突

c0202611_1755879.gif

Leica M9-P
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-03-30 17:57 | Leica | Trackback | Comments(4)

こんなボケかたもうしない(今のレンズは)

このところ最近の非球面のレンズで遊んでいて、もやもやがなかなか消えてくれない。
思い立って手持ちのレンズから一番古い30年代のヘクトール50ミリと、同時代のニッケルエルマーの50ミリを取り出して、分かりやすい描写になるように撮ってみた。
c0202611_14513611.gif

ヘクトールの50は大好きなレンズで、ある程度その描写は予測出来たけれど、ニッケルエルマーの描写がよく似ているのに驚いた。共にノンコートのレンズなのでヘクトールはそれなりに逆が入ると暗部の黒は浮いてくるが、エルマーの暗部はしっとりと締まって美しい。それに全体的にコントラストも充分で、ぼくは初めてエルマーにドキドキした。
ここに切り出したのは共に絞り開放で撮ったものだが、f5.6で比較して撮ったものも、この開放の描写の傾向はそのまま、柔のヘクトールに剛のエルマーと言ってもいいかもしれない。今日は50ミリエルマーに目覚めた日になった。
c0202611_14594100.gif

Leica Monochrom / Hektor 50mm f2.5 (上)& Elmar 50mm f3.5 (下)
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-03-21 15:13 | Leica | Trackback | Comments(16)

Leica D2

c0202611_14294691.jpg

このD2は3、4年前に銀座の田鹿さんにオーバーホールをしてもらって、完璧な状態だったがなんとなくピントが見難いような気がして、ほとんど使うこともなく置いてあったのだが、今回の目の手術をしてから覗いてみると、なんとこれが全く問題なくピントが合わせられるではないか!
もう処分しようかと思ったこともあったが、再びこの黒いD2でピントが合わせられることは、とてもうれしい。
バルナックは小さいことがなんといってもポイントで、小さく軽いレンズと組み合わせて使うと、M型ライカでは得られない軽快さがありがたい。以前はヘクトールの50ミリを相棒にしていたが、それに加えてズマロン28ミリがあれば、日中の撮影はほとんど問題ないだろう。あとはM型にお気に入りの明るい50ミリを加えれば、どこでもなんでもいけるだろうと思う。トータルでも2キロは超えないだろう、おっとフィルムは忘れちゃいけないね、ポケットに5、6本入れておけば1日歩くのには大丈夫。
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-03-20 15:06 | Leica | Trackback | Comments(8)

じゃ、あとでな!

c0202611_11402269.gif

Leica M8
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-03-12 11:41 | Leica M8 | Trackback | Comments(10)

うつろい

c0202611_6165555.gif

Leica MP
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-03-05 06:18 | film Leica | Trackback | Comments(2)

無題

c0202611_16251421.gif

Leica M9-P
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-02-25 16:27 | Leica | Trackback | Comments(6)

Leica X2

c0202611_1722583.gif

今日新宿のある店に入ると、顔見知りの店員さんが「最近X2がとても売れています!」と声をかけてくれた。最近ライカは次から次へと新機種の投入が続き、X2はいつまでと心配になっていたので、このひと声は嬉しかった。
ポケットに入れて持ち歩くことができるサイズで、しかもその性能は申し分ない。A2に出力しても全く不足のない画素数は、多分これ以上は必要になることはないだろう。ぼくが使っているライカのデジタルでは最もヒットレートが高いのがX2で、このカメラの使い良さが出ている数字だと思う。派手さはないが、撮られる人にもやさしいのがいい。渋いカメラですが写真の好きな人におすすめしたい。
Leica X2
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-02-19 17:54 | Leica X2 | Trackback | Comments(12)

冬の部屋

c0202611_8395465.gif

Leica M7
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-02-13 08:41 | Leica | Trackback | Comments(2)

”さようなら 相野さん”

大阪 PICTURE PHOTO SPACE 代表の相野正人さんが、先月20日に亡くなられたことを知人のメールで知りました。
最近は久しくお会いすることがなく、何年か前の LONDON PHOTO が最後になってしまいました。

相野さんのPPSは早くからAIPADのメンバーに加入されたり、そのあとも PARIS PHOTO には日本から真っ先に参加したりと、常にインターナショナルな場で写真ギャラリーとしての地位を求めてこられたのだと思います。写真の知識はもちろんのこと、それに加えて強烈なカリスマ性や個性が求められるこの世界では、日本人にとって確保できる椅子は多くありません。しかし相野さんはPPSの初期からそれが必要であることに気がついて、爾来そのことに邁進してこられたようにぼくは思っていました。

アートフェアに行くと、顔馴染みのディーラーやアートディレクターから ”AINO”はどうしてる!って尋ねられることは珍しくありませんでした。相野さんはすっかり “AINO” として仲間の地位を得たんだなーとその度に思いました。
いつもお洒落な着こなしで飄々としていた、少し撫で肩の相野さん、
心からご冥福をお祈りしています。
# by b-road | 2016-02-07 11:31 | Trackback | Comments(0)