b - r o a d

M10 / Hektor 73mm

c0202611_22421798.jpg
Leica M10 / Hektor 73mm
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-05-04 22:43 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

再び田鹿写真機研究所にて

これまでM8やMモノクロームでは問題のなかったSummilux35ASPHが、M10では1~1.2mあたりでヘリコイドが渋く重くなることに気がついた。ライカ銀座店で聞いてみると、同じことがM240でもありましたということだが、これといってはっきりした解決方法はないようだ。銀座に出るついでに田鹿さんに意見を聞いてみようと研究所を訪ねる。氏はレンズとボディーをつけて不具合を確かめてから、これバラしてみていいですかと言うので躊躇なくお願いする。作業にかかる田鹿さんの背中を見ているうちに、棚にある大ぶりのレンズが気になる。ちょっと見せてもらうと、ノクティ50ミリF1の所謂V4でそれも製造最後に近い玉らしい。であればレンズ一枚が94年頃から新しい硝材ものと変わっているはずである、覗いてみるとコーティングの色がぼくの58ミリ径のものとは全く違う、見ているうちにどうしても撮りたくなってその場でM10につけての撮影の許可をもらう。そうこうしている間にぼくのレンズの方は作業が終わって、ヘリコイドの渋さはほとんど分からないくらいに改善されていた。

c0202611_21235782.jpg

家に戻りこのレンズの製造番号からこれは2003年製と分かるが、レンズにはカナダ製と記されている?(カナダライツはこの頃には終わっていたはずだが)とにかく田鹿さんの所で撮ったファイルをLRでプロセスしてA4に出力してみる。M10+EVFはさすがにレンズ先端のPに合わせたピントがよくわかる。これまでぼくのノクティはほとんどがフィルムで撮ったものなので、デジタルで撮ったものは同じノクティでも少しその印象が違ってみえる。出力したプリントを見ているうちに、同じカットを0.95でも比べてみたくなる。(続く)

c0202611_08362229.jpg

数日後、再び田鹿さんに無理やりお願いしてまた銀座に出かける。0.95でも同じようなアングルで撮影(手持ちなので全く同じというわけにはいかないが)、露出は全く同じ1/500秒でISO設定も同じ、その分0.95の方がごく僅か明るい仕上がりだがこれはそのまま1.0と0.95の開放値の違いがでている。ブログの画像での比較は難しいかもしれませんが、A4のプリントで比べてみるといくつかのポイントで描写の違いがわかり興味深い。撮る前は0.95の方がピントは余程シャープではないかと思っていたが、f1の方もけっこうよく解像している。最初ににレンズ鏡胴先端の手前側の描写だが、0.95はボケの立ち上がりが早いのに対してf1の方がここは自然で好ましい。一般的には0.95の方がf1よりもDOFが浅いと言われているが、必ずしもそうとは言えない。この場合でも画面左手の小瓶から突き出ている筆の柄は0.95の方がくっきりしていて、ピントが深いのではと思いたくなるくらいだ。この辺りは前ボケの領域で、焦点面からアウトフォーカス入る描写はのノクティの見せ所だと思うのだが、新旧のノクティでここは結構描き方が違う。後ボケも二枚並べて比較するとf1の方が大きいし、ぼくからみると0.95の描写は総じてルックス50の非球面を想起させる。最後に画面右サイドの点光源の反射したところを見て欲しいが、f1ではきれいなリング状なのに対して、0.95では非球面マークかと思わせるような妙な形になっていてお世辞にも美しいとは言えない。敢えて言えば0.95はNoctiluxというよりはSummilux 0.95ASPHと言ってしまうとすっきりなんですが、これはライカに叱られるかも知れません。

Leica M10 / Noctilux 50mm f1 & 0.95

© All rights reserved.



# by b-road | 2017-04-28 21:33 | Leica M10 | Trackback | Comments(10)

spring tranquil

c0202611_08152061.jpg
Leica M10 / Noctilux 50mm f1.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-04-22 08:17 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

1987 Paris Peugeot

c0202611_11025773.jpg
Leica M6
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-04-16 11:05 | film Leica | Trackback | Comments(8)

a black beret

c0202611_15224537.jpg
Leica M6
© All rights reserved.



# by b-road | 2017-04-11 15:24 | film Leica | Trackback | Comments(4)

夜の散歩道

c0202611_15060929.jpg
Leica M10
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-04-05 15:11 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

窓にチューリップ

c0202611_12103694.jpg
ヘリアー50ミリf2.0は過去に2度限定版でMマウントとLマウントでそれぞれ発売されたレンズですが、今回はコシナさんに無理を言って借り出して使うことができました。同じヘリアーの50ミリには最近発売されたf3.5もありますので、その違いに興味もありました。ぼくの使ったのはMマウントの沈胴タオプの方で、f2としては非常にコンパクトです。描写の印象は開放でも充分にシャープで、ヘリアーはf2.8が設計上限度と聞いていましたので、正直すこし驚きました。こういう風に横に平面にならべた被写体ではわかりませんが、奥行きのある被写体で明暗のあるものを撮ると、開放のイメージとはまた違う少し古いレンズを思わせる描写に味があります、また点光源の美しさも印象的です。今回は専らM10での使用で、M8やM9で撮れなかったことが残念です。少し使って気にいると借り物が苦痛になり、自分のレンズとしてじっくり使ってみたいと思うようになりますが、これもきっと一種の病気ですね、、、。
Leica M10 / Heliar Classic 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-03-31 12:39 | Leica M10 | Trackback | Comments(0)

ある日の午後

c0202611_15551952.jpg
Leica M10 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-03-24 15:58 | Leica M10 | Trackback | Comments(4)

春眠

c0202611_08030881.jpg
Leica M10 / Heliar Classic 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-03-19 08:05 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

シボレー

c0202611_17042270.jpg
Leica M8 / Nokton 50mm f1.1 VM
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-03-14 17:06 | Leica M8 | Trackback | Comments(8)

常夜灯

c0202611_15120126.jpg
Leica M10
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-03-03 15:13 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

Leica M10

c0202611_14524245.jpg
Leica M10
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-02-25 14:55 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

VOIGTLANDER HELIAR Classic 50mm f2.0

c0202611_09233643.png
HELIAR CLASSIC 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-02-21 09:28 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(2)

M8とバッテリー

c0202611_18594974.png

今年の冬になってから、ぼくのM8用のバッテリーは極端に電圧が下がるようになって、時には戸外で使うと20枚も撮らないうちに動かなくなっていたので、しばらくM8の使用を止めていた。もっともこのバッテリーは5年ほど予備のバッテリーもなく、せっせとM8を動かしてきたのだから当然なのだが。しかしM8が使えないとなると何かと不便、新しいレンズも最初に付けてみるのはM8なので。そこで久しぶりに新しいバッテリーを購入することにした。もちろん一本だけで予備は無し、これもまた寿命が来るまで使い切ることになるだろう。新しいバッテリーにして驚いたのは、液晶表示のバッテリーマークが完全に消えても、なおその後数点撮れたことだ。これまでの使ってきたライカのデジタルMではこんなことは一度もない、カメラもバッテリーも共に新品でも、残りが25%になったあたりから、ちょろちょろとトラブルが現れるのはM9でもモノクロームでも同じ、ライカのデジMはそういうものと思って使ってきたが、はーんこの新しいバッテリーは、10年落ちのM8のバッテリー消費を正確に表示?正直まだ信じられない気分。バッテリーの品質が良くなっているのか?ファームウェアの更新なんてずーっとないんだから、やっぱりこのバッテリーの個体なのかなーなんて思っているけど、M8なんだか気分一新です。

©All rights reserved.



# by b-road | 2017-02-15 19:03 | Leica M8 | Trackback | Comments(14)

恵比寿

c0202611_08591614.gif
Leica M Monochrom
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-02-12 09:00 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

朝霧

c0202611_07593935.jpg
Leica M Monochrom
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-02-04 08:01 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

Nokton 50mm f1.1

c0202611_12494403.jpg
Leica M8 / Voigtlander Nokton 50mm f1.1
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-01-30 12:52 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(6)

M10触ってきました(1/28発売)

26日ライカ銀座店2階でのM10の発表イベントに行ってきました。そしてM10触ってきました。

ボディーが3、4ミリ薄くなって、M7、M6TTLと同じなったこと、ISOダイヤルが備わったこと、ビューファインダーが見直しをされたこと等々既に情報は出ていましたがが、ぼくの注目点はファインダーです。

倍率がこれまでの0.68から0.73になってフィルムMと同等になったこともさることながら、視野が広くなり、フレームラインもよりくっきりしたファインダーは、覗いてみてすぐにその違いがわかる、とても良いファインダーになったと思いました。できることなら手元にある3台のデジタルMすべてに、このファインダーが欲しいくらいです。

リファインされたこのファインダーだけでも、M10は意味があると思います。

2006年初めてライカのM型がデジタルとして登場した時、それまでのフィルムユーザーの多くは、それまでよりも厚みの増したボディーに不満を言いました、そしてフィルムMよりも倍率の低くなったファインダーにも同様に不服でした。それから10年経ちましたが、その間ライカはそのユーザーの思いをしっかり受け止めていたんだと思います。M240で少し寄り道をしたような気もしますが、今回のM10は本来のライカRFカメラのあるべき姿にもう一度考えを寄せて、基本を見つめ直してつくられた、非常に重要なモデルだと思いました。久しぶりに登場した、ぼくも本当に欲しいライカです。

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-01-26 21:07 | Leica | Trackback | Comments(12)