b - r o a d

preview 6

c0202611_16012761.jpg
Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-30 16:05 | Julie | Trackback | Comments(12)

preview 5

c0202611_10573268.jpg
Leica M4 / Summicron 90mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-28 10:59 | Julie | Trackback | Comments(2)

preview 4

c0202611_05493333.jpg
Leitz Minolta CL / Summilux 35mm f1.4
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-24 05:51 | Julie | Trackback | Comments(6)

preview 3

c0202611_10295059.jpg
Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-20 10:31 | Julie | Trackback | Comments(6)

Preview 2

1982.10.24.
めずららしくこの日は仕事の後でパブに立ち寄る
しかしそれぞれの表情は渋い
それもそのはず、ギターと音楽を担当するマークが
絵の勉強でどうしてもパリに行くという
4人のチーム存続にかかわる話だった
c0202611_06365631.jpg

Leica M4 / Summilux 50mm f1.4 1st
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-15 06:54 | Julie | Trackback | Comments(4)

preview

10月3日から始まる目黒ブリッツギャラリーでの展覧会「Street Performer-Julie」に先立ち、そのプレビューとして少し画像をアップしたいと思います。ブログでは本展の展示から外れたイメージをあえて選んでみました。本展は20点ほどですので、入れたくても入らないものや、構成上外した方がいいものなど、本来は見ていただきたいと思うものも少なからずあります。本展の一部をご覧いただくというのが本来のプレビューではありますが、ブリッツでの展示が始まるまでの期間ブログでご覧いただければと思います。

c0202611_11504961.jpg

1982年から撮り始めた「Zoe」のシリーズですが、最初はまだはっきりしたビジョンがあるわけでもなく、どういう風に撮影を展開していったらいいのか雲をつかむような状態でした。ちょうどそんな時、その頃ロンドンのコヴェントガーデンで4人組のストリートパフォーマーを見ているうちに、少しヒントらしきものが湧いてきました。メンバーの一人を中心にした短いフォトエッセイを撮りたくなったのです。短い期間でしたが、追いかけまわして撮った600枚ほどが、その後の「Zoe」の下地になったように思っています。

Leica M4 / Noctilux 50mm f1.0 (レンズデータが間違っていましたので訂正します 2017.9.30)

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-10 11:53 | Julie | Trackback | Comments(6)

M4 BP & Lux 50 1st BP

いつの間にか蝉の声もきこえなくなり、あっという間に季節は変わったのかと思うような9月になりました。

8月の中頃からはじめたスキャニングとプリントにやっと終わりが見えてきました。約600枚のネがから50枚ほどのスキャンをして、これからさらに20点ほどに絞ってプリントをするのですが、2週間もあれば終わるだろうという最初の見込みは結局3週目に入って何とか終わりが見えてきました。なんでこんなに時間が掛かるのというと、スキャンした時のゴミ取りが、まるでアナログプリントの修正作業みたいに単純な繰り返し作業で閉口です、つまり最も面白くない工程に一番時間がかかるということなんですね。

1982年10月に撮影したちょうど35年前のネガは、書き残されているメモからこれらのほとんどがその頃使っていたブラックペイントのM4に付けたズミルックス50の初期型ブラックペイントだったと思い出す。そのM4は写真学校で教わったある先生が、君よかったらこれ使ってくれないかと卒業後何年かしてからに譲っくれたもので、適当にペイントが剥がれて、カメラとしては最も美しい状態のM4でした、おそらくはぼくが手にしたM型ライカでもっとも撮り易いカメラだったと思う。それにロンドンで見つけた黒塗りのズミルックスは、前玉ににわずかに傷があったが、この組み合わせは文句なく理想のペアだったなーとコンタクトを見ていてとつくづく思っています。ほとんどの写真はこのコンビに加えて、ミノルタCLに付けたズミルックス35ミリの2本で撮っている。数点ノクティルックスで撮ったものが入っているので、この頃からやっと使い始めたのでないかと思うが、時折ズミルックス50に混じって試し撮りのようなカットが数点入っているので、様子見という感じの使い方ではなかったのだろうか、しかしまだズミルックスを押しのけるような使い方ではないので、それだけズミルックスとM4のバランスが素晴らしかったのでしょう。

その黄金のペアももうぼくのところには残っていませんが、黒塗りのズミルックは今でも友人が使っているはずです。80年代の中頃にはノクティルックスがズミルックスに変わってぼくの50ミリの中心になっていたので、もう要らないとあるとき親しい友人が使うM6用にとプレゼントしてしまったのです。しかしズミルックス1stの良さは今でもその頃のネガやプリントを見るたびによみがえり、心の中では今でももっとも憧れのレンズなので、これはこれからも変わりようがないだろうと思います。

c0202611_14545517.jpg

ここ数年毎年のように秋になると東京目黒のブリッツギャラリーで展覧会をしていますが、今年も例外でなく来月3日から予定していますので、ぜひご覧いただければと思います。会期中どなたかお使いのM4ブラックペイントを見ることができればと、心密かに楽しみにしています。さすがに今ズミルックス50の黒塗りは見ることは期待できないかもしれませんが、1stをお使いの方はぜひお声掛けをいいただければと思います。

© All rights reserved.


# by b-road | 2017-09-04 15:11 | Leica | Trackback | Comments(14)

M8 + Summar

c0202611_12503500.jpg
このところM10ばっかりでM8の出番がなかったので久しぶりだが、独特の色味はやはりM9でもM10でもない強烈な個性。それにしてもこのズマールはM10でもピーキングがこの時代のレンズとしては例外的に視認しやすく、それでいてやはり優しく柔らかい描写がたまらない。30年代というモノクロームの写真黄金時代だからこそ生まれてきた銘玉に違いない。
Leica M10 / Summar 50mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-08-19 13:06 | Trackback | Comments(10)

pin up

c0202611_09425146.jpg
Leica M10 / Thambar 90mm f2.2
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-08-14 09:44 | Leica M10 | Trackback | Comments(8)

ライカM9センサー交換

M9のユーザーはもうすでに承知のことと思いますが、M9センサーの無償交換サービスはは8月15日迄、その後は有償になりますというアナウンスが数ヶ月前にありました。ぼくも先週M9-Pを銀座のライカジャパンの修理窓口に持って行きました。それほど使う機種ではないので、普段剥離を気にしたこともありませんでしたが、チェックを受けるとやはり3箇所に剥離が確認されました。センサーの交換は無償ですが、交換期限が数週間に迫ったこの時期、センサーの手配が追いつかないようで年内ギリギリまで待つようになるかもしれませんということでした。また剥離は使用頻度に関係なく発生するとも聞きましたので、新品で購入後開封されていないような場合であっても、剥離は起きるということですから、大事に使われているユーザーはこの機会にぜひセンサーのチェックを受けておいた方がいいと思います。またライカカメラジャパンは8月11日から16日まで夏季休暇ですので、10日前に剥離の有無を確認してもらいましょう。


# by b-road | 2017-08-01 07:24 | Leica | Trackback | Comments(8)

カーテン

c0202611_06585638.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-07-27 07:00 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

ローカルカフェ

c0202611_08203440.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-07-22 08:21 | Leica M10 | Trackback | Comments(16)

gentle rain

c0202611_09362475.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
©All rights reserved.


# by b-road | 2017-07-17 09:38 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

雨のエアポート

c0202611_06554019.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-07-11 06:57 | Leica M10 | Trackback | Comments(11)

フレンチカフェの薔薇

c0202611_10364308.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-07-04 10:41 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

晴れた日に

c0202611_04550153.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-28 04:57 | Leica M10 | Trackback | Comments(8)

夕景

c0202611_19442863.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-23 19:45 | Leica M10 | Trackback | Comments(4)

Hektor 135mm f4.5

c0202611_16245768.jpg
ヘクトールは50ミリも73ミリも個性的で面白いレンズだが、この135ミリもヘクトールファミリーの期待に反しないレンズだなーと、使うたびに思う。普段はレンズを充分に絞って使うことはないが、このレンズを使う時は思い切って絞るのに抵抗がない。この時もf11まで絞っているが、嫌な硬さというものがないので気持ちがいい。例えはよくないかもしれないが、白いお皿で言うとポースレン(磁気)のものはいくら高級品でも高価でもその白い色はあくまでも冷たいが、ボンチャイナの白は温かみがあってかつその白さはやわらかい。この場合で言うと高価な非球面レンズはポースレン、古いライカのレンズはボンチャイナみたいなものだと決め付けるわけにはいかなくても、少しはそのニュアンスをわかってもらえるのではないだろうか。
Leica M10 / Hektor 135mm f4.5
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-19 16:47 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)