b - r o a d

Top

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

777777

2009年9月からスタートしたブログの来訪者総数が、今日綺麗に7が6個並びました。もう1個7つ並んでくれるとパーフェクトなのかもしれませんが、それはこの先を考えてもとても望める数字ではありません。せいぜい8が6個並ぶ888888が次の現実的な目標になるのだろうと思います。


はじめは20人未満から始まって、それが50人になり100を超え、少しずつ増える数字にも励まされてブログをこれまで続けてきましたが、数が多い方が必ずしも望ましいわけではなく、じぶんのペースでやりたいことが続けられたらそれでいいと思っています。


大きなことにも、目立つことにも、強いものにも、ぼくはカメラを向けることはありません、むしろその逆に日陰で目立たないものや、平凡なものの中に、ぼくが惹かれるものは多いように思います。前にも書きましたが、少年の頃から祭りの嫌いなぼくは大勢がいっせいに目を向けるものには背を向けて生きてきたようですし、別にそれで痛痒を感じることもありません、たぶんそれがぼくの目線であり、好ましく眺める世界なのですから。


もう直ぐ終わる2016年という年は、ぼくにとってはここ30年間では一番きつい年で、いろいろありました。ですから年の瀬の迫った12月28日にこうして綺麗に7が揃うようなことがあると、これを来年に繋げたいと思う気持ちになります。また今年もこのブログに来て下さった多くの人たちともこの数字をシェアできればと思います。そして新しい年が一人でも多くの人にとってより良い年でありますように、心から祈念しています。



by b-road | 2016-12-28 16:30 | Trackback | Comments(24)

冬籠り

c0202611_22023889.jpg
Leica M8
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-24 22:04 | Leica M8 | Trackback | Comments(12)

冬の小道で

c0202611_12035051.jpg
Leica M9-P
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-15 12:04 | Leica | Trackback | Comments(8)

M9-P

c0202611_21514014.gif
ブログにアップしてから、アレアレM9−Pはカテゴリー設定もしてなかったんだと気がつく。それだけM8とMモノクロームの間で影が薄かったのかと少し済まないような気がする。M8からM9−Pになって色味が自分にはイマイチだと思っていたのが、印象を悪くしていた一因に違いない。その反面モノクロームへのコンバートではM8ともMモノクロームとも違った調子が、結構気に入っていたけれど、出番は少なかったなー。
ショット数は3年で5000をやっと超えたところだから。
久しぶりにコンバートしてモノクロームで見ると、ハイライトがMモノクロームに比べるとやさしい。
Leica M9-P
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-11 22:12 | Leica | Trackback | Comments(0)

M8 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line

c0202611_07381385.jpg
ライカブランドのレンズならば、ズミクロンにしてもズミルックスにしてもヘクトールでさえそのレンズの絵は大凡見当がつくが、ヘリアーというレンズは手元に二本75ミリがあっても、どういう描写にその特徴があるのかこれまでよくわからなかった。数ヶ月前知人の0氏が、50のf3.5ヘリアーは非常に良いレンズだと思うのでぜひ使ってみて下さいと言っていたのが、印象に残っていたのだが、、、。
この何でもない雑然とした色のショットなのだが、自分としては気になる一枚で、もしかしてこれがヘリアーとの出会いなのかなーと思っている。

M8 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-06 07:39 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(6)

M8 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line

c0202611_08080138.jpg
M8 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-03 08:10 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(4)