「ほっ」と。キャンペーン

b - r o a d

Top

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

M8の縁

9月の某日、写真家の飯塚達央さんと銀座でお会いしました。
かねてから上京の折はぜひお会いしたいとリクエストしていたものが実現したものです。
そもそもはカメラマガジンに掲載された飯塚さんのM8の長期リポートを見たのがきっかけでした。当然お会いする日はぼくも愛用のM8を合言葉のつもりで持参して出かけました。カフェに腰掛けるとお互いにM8を取り出して、名刺代わりの挨拶です。それにしても飯塚さんのクロームのM8はやはりとても綺麗でした。特注の皮張りも品がよく、清々しい趣きがいっぱいのライカで、ぼくが見た数多くのM8の中でもピカイチだなーと思いました。

そのあと飯塚さんが持参したプリントを見せていただきました。M8で撮ったものを選んでわざわざ持ってきてくれたのではとぼくは思いましたが、丁寧にプリントされたA4のカラープリントは、ぼくがイメージする飯塚さんとピタリと符丁して、まったく違和感のない作品でした。
ふつうは写真家に会うというのは気持ちのいいことではありません、それは写真家とその写真の間に異物みたいなものを感じてしまうことが少なからずあるからで、結局写真だけ見ておけばよかったとの思いに至るからです。

飯塚さんはM8の色を自分のモノにしているのでしょうか、ぼくには撮られている絵からほんのりと伝わってくる温かさが、とても気持ちの良いものでした。撮っているものは寒々とした景色や無機質なものなのに、それが渋めにコントロールされた色調なんですが、雪洞の中の蝋燭の光のように、じわーっときます。こういうものはやはり意識してできるというよりは、人柄が自然に滲み出る飯塚スタイルなんだろうな思いました。飾りのない素朴な笑顔の飯塚さん、大都会の人間には撮れない写真をこれからものびのびと撮り続けて欲しいと思います。
by b-road | 2015-10-13 11:33 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

フォーカスピーキング

かってリコーがGXRとレンズマウントユニットを発表したとき、ライカのレンズとフォーカスピーキングが話題になって、今までのライカで撮った写真はほとんどピントがきていないという人がいて、ぼくも驚いた。(マスターピースは全部アウトなのかって!)幸い今ではぼくもそんなふうに思うことはなくなったが。

その頃はライカMデジタルはM9の時代、やがて次世代の240が出るとオリンパス製のEVFが装着可能になり、フォーカスピーキングがライカのMデジタルユーザーでもふつうになった。ぼくは240系は所有していないので、同じ240系のMモノクローム246を手にして最初にしたことはEVFを付け、古いレンズを覗き、あのフォーカスピーキングとやらを確かめることだった。
c0202611_11321150.jpg

ぼくの予備知識では、古いコントラストの弱いレンズは概ね見にくく、やはり最新の非球面レンズ向きらしいというものだったので、その中間の世代DRズミクロンを最初に装着してみた。意外なことにこれはちゃんとFピーキングが分かりやすい。次に40年代最後のズミタールでこれもOKだ。次にアポ50と75は共に世代は違うがASPH、もちろん問題なし。さて次はf1のノクティルックスだが、これはきびしい。このレンズこそ欲しいんだがなーと少しがっかり。次にたぶんダメだろうと思いつつノクティのf1.2を試すと、なんとこちらは問題なし。最もこれは世界最初の非球面レンズではあるが、今のそれとは並べられないだろうと思っていたので、完全に予測が外れた。レンジファインダーでのフォーカスはF1の方がF1.2よりもピントの芯がつかみやすいので、今回のこの両者の違いは意外である。ついでにもう一本28ミリのズマロン、ダメなんじゃないのと思っていたが、今日試した中では一番と言ってもいいくらい見易い、完璧に予想が外れました。
Leica X
© All rights reserved.
by b-road | 2015-10-10 11:49 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

Leica MM (Typ246)

先週は借りモノの246を少し使ってみた。
初代のMモノクロームと比べて最初に感じるのはやはりフレームラインを含めたビューーファインダーの良さで、しばらく使っていなかった75ミリを俄然使ってみたくなった。75ミリファンにとっては歴代のM型ライカの中でも、最も好ましい機種ではないか思う。
願わくば限られた数でもいいから、ユーザーの好みで選べるフレームラインが単独で表示できるような仕掛けが可能にならないものだろうか、将来のモデルに期待したい。
EVFはいくら進化しても穴から覗く一眼レフもどきで、レンジファインダーで撮る作法とは異なる世界なので。
c0202611_1204887.jpg

Leica M Monochrom (246) / Apo 75mm Summicron f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2015-10-06 12:05 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

ライカギャラリー京都で展覧会

「Monochrome in Dark」が今月の17日から始まります。
もうすでにお手元にご案内状が届いている方もいらっしゃると思いますが、来年1月末までの長丁場になりますので、お近くの方、また遠方の方も関西にお出かけの際は、是非お立ち寄りいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
c0202611_1613326.gif

Leica M Monochrom / Apo Summicron 50mm f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2015-10-01 16:18 | Leica | Trackback | Comments(32)