「ほっ」と。キャンペーン

b - r o a d

Top

<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

来年もよろしくお願いします

c0202611_15322554.gif


今年も残りあと少し、10時間を切りました。
東京は穏やかな一日でしたが、間もなく暮れようとしています。

ぼくはこれからテレビで恒例の歌番組を見ながら、ゆっくりと過ごします。
でもNHKの紅白ではありません(あれはもう見ないようになりました)。帰ってから
テレビを見るのも今夜が最初です。テレビも新聞も見ない生活にこの頃は慣れてしまいました。

今年も多くの人にブログを見ていただき、ありがとうございました。
どうぞ来年もよろしくお願い致します。

今年後半はライカX2にすっかり魅了されて、結構登場したと思いますが、カメラマガジンの
2月発売号にX2の写真を掲載していただく予定ですので、興味のある方は楽しみにしていただければと思います。

それでは皆さん、どうぞ良い新年をお迎え下さい。

Leica X2 / Raw LR 4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-31 16:04 | Leica X2 | Trackback | Comments(36)

俄雨

c0202611_5581653.gif


ロンドンでは見ることも触ることもできなかった注目の“α7R”と“Df”見てきました。
αは我がX2とくらべると、画素数では倍以上、EVFも235万ドット、ちょっとスペック的には勝負にならない感じですが、写真撮る道具としては、X2は本当に良く出来ていると、逆に思いました。
そのうちどんどん良い絵が出て来たら、また別ですが、今のところはカタログの写真をみても、ピンと来ません。そういう意味ではDfの方向は180度違います。面白いですね同じソニーのセンサーで3600万画素のD800を出して大当たりのニコンが、今度は1600万画素。何れにしても売れなければなにを言っても仕様がないわけですが、ミラーレスでどんどんイケイケのソニーと、デジイチの将来を確かめようとするニコン、はたして来年の今頃どちらがどうなんでしょうか。
カタログを見ても両者の違いははっきりしていますが、ぼくはソニーのカタログは捨てますが、ニコンの方はしばらく手元に置いておきたいです。理由は簡単、見ていて気持ちが良いかそうでないかです。
Leica X2 / Raw LR 4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-26 06:28 | Leica X2 | Trackback | Comments(10)

もう止まらない!

c0202611_547344.gif

Leica X2 / Raw LR 4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-21 05:50 | Leica X2 | Trackback | Comments(14)

夜の二人

c0202611_5273662.gif

Leica X2 / Raw LR 4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-16 05:30 | Leica X2 | Trackback | Comments(8)

本屋の別れ

c0202611_510365.gif

Leica X2 / RAW LR4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-11 05:12 | Leica X2 | Trackback | Comments(6)

展覧会 TIMELESS TIME が終わって

9月14日から始まったBlitz Galleryでの展覧会「TIMELESS TIME」が12月7日で無事終了しました。
その間ギャラリーを訪れて下さった多くの人に心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

本展の写真はDP3Merrillというカメラのカタログを制作するために撮ったものですが、カタログというのは様々な条件下で作られる印刷物で、ひとつの行きどころではあっても、必ずしもそのカメラで撮れる写真という観点からは、これでよしというわけではありません。また同じ印刷物でも印象が変わるということを、一般誌の中でも確かめたいと思い、エイ出版のカメラマガジンにも掲載していただきました。そして最後はやはり“写真はプリントにして初めて写真”という思いがありますので、Blitzのオーナーである福川氏のご理解を得て展覧会が実現しました。

以前から何度も言うように、DP2で出会った驚きのモノクロームは、DPシリーズの最後のDP3Mでも更に洗練されて高まったと思いますが、フォビオンというセンサーはぼくのようにモノクロームに惹かれる者にとっても、すごい魅力を秘めていると思います。DPシリーズはカメラとしては必ずしも完成されたモノではありませんが、次に用意されるであろう新しいシリーズでは、ハードウェアを含めて更なる良いカメラへの道を進んで欲しいと期待しています。

DPシリーズでその中からどれか一台ということになると、ぼくは多分DP2Mになろうかと思いますが、DP2xのコンパクトさはポケットで持ち歩くことを考えると、これも魅力充分です。シリーズ最後になったDP3はここ一番のこれしかないという場面、野球に例えればDHの切り札か、九回の裏に登場するストッパー的存在だと思います。それだけに嵌ると凄い、まさに小さな巨人(読売ジャイアンツではありません!)です。

Blitzではこれまで2回シグマのデジタルカメラで撮ったものをデジタル出力した展覧会をしてきましたが、何れの場合も、シグマのDPシリーズのプリントを展示して見てみたいと思う強い気持ちが動機でした。しかしそれはこれで終わります、3度目はないと思います。

展覧会の始まった頃は、まだ残暑が強く残っていましたが、3ヶ月の間に秋もどこかに行ってしまい、今はもうすっかり寒くなってしまいました。
あらためて、ギャラリーまで足を運んでいただいた多くの皆様にお礼申し上げます。
by b-road | 2013-12-08 22:03 | DP3 Merrill | Trackback | Comments(22)

ん?

c0202611_604896.gif

Leica X2 / Raw LR 4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-07 05:57 | Leica X2 | Trackback | Comments(6)

過ぎ行く日々

c0202611_1624261.gif

Leica X2 / Raw LR4.4
© All rights reserved.
by b-road | 2013-12-02 16:24 | Leica X2 | Trackback | Comments(4)