b - r o a d

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

五月の海

c0202611_22595670.gif

SIGMA SD1 / 50-150 mm f2.8 APO DC HSM OS
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-28 23:03 | SIGMA SD1 | Trackback | Comments(8)

Back streets

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by b-road | 2012-05-28 00:58 | Leica

カメラマガジン vol 17

明日5月26日はエイ出版社のカメラマガジン vol 17 の発売日です。
今回はノクティルックスについて6ページ掲載していただきました、是非ご覧いただければと思います。

ぼくがノクティルックスを仕事に使い始めたのは1981年が最初と記憶しているのですが、その頃はもう誰も(こんなレンズは)使っていませんでした、少なくともシリアスな作品作りというのは見なかったと思います。
たしか日本橋の富士越カメラ店から購入した中古品でしたが、全く使った形跡のない新同品でした。値段も当時はまだ比較的安価で(現在と比べると)20万円前後だったと思います。そのノクティルックスで最初に撮ったのは、その頃ソニーのTVコマーシャルで「I'm from West」という台詞が格好よかった売れっ子モデルMでした。彼女がポートフォリオを個人的に撮ってくれないかというので、そのとき持ち出したのがこのノクティの初陣でした。

このあと82年の「Zoe」から本格的にノクティルックス狂いが始まるのですが、これは90年前半のパリのシリーズが終わるまで役15年ほど続いたことになります。使ったボディーはM4−Pがほとんどで世間ではカナダ製ということで評判の良くなかったカメラですが、ぼくのところでは4、5年前に銀座の田鹿さんにオーバーホールしてもらうまで一度の不具合もありませんでした。後で田鹿さんが内部は相当摩耗していたとおっしゃっていましたので、ぎりぎりまで動いてくれたんだと思いました。そのM4−Pもこのノクティもまだ手元にあります。レンズは使い放しでオーバホールもしていませんが、ぼくは不具合でもでない限りお気に入りのレンズは触らない方なので、多分このままで使うと思います。カメラマガジンに掲載のものは、このノクティ狂いの最中に撮ったものです。
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-25 20:29 | Trackback | Comments(6)

Summicron 50mm f2.0 ASPH

今日は友人とロンドンメイフェアーにあるライカ直営店で待ち合わせ、運が良ければ50ミリの新しい非球面ズミクロンと ライカMMを手にしてみることが出来るかもしれないと期待半分で行ってきました。幸運にも両方見ることが出来たうえ、50ミリはM9−Pで少し撮影ができましたので、そのミニインプレッションです。

ロウで撮影してLR4で現像、カラーの方は全く手を加えずPSでリサイズしたものをアップしました。
モノクロームの方はLM4で現像したものをすぐにSilver Efex Pro でモノクロにコンバート(ニュートラル)、そしてPSでリサイズしたものです、少し手を入れると別物のようにみえると思いますが、その誘惑を押さえてできる限り手を加えないようにつとめました。
c0202611_3283020.gif

50ミリは後ボケの正体を見たかったのですが、店内には適当なものがすぐにみつからず、きょうは不発に終わったという感じですが、描写の傾向は硬い柔らかいで言えば硬いです。それとアウトフォーカスの大きくボケる手前の中間的ボケのところが、非球面に共通する癖をこのレンズも持っているように思いました。しかし少なくとも数日使ってみなければ正確には言えませんので、今日ここで言っていることは“感じた”くらいの軽い見方と思って読んでください。
欲しいですかと言われたら、ううーん買えません。50のルックスASPHと同じ位の値段でしたら、使ってみたいですと即答でしょうか!
c0202611_3292661.gif

ライカMMはコスメティックでいえば、シボがMデジタルではダントツにいいです。これまでの8.2やM9のシボは硬くて滑りやすく、むかしのM3、M2とは比較になりませんでしたが、やっといいシボに恵まれました。そのしっとりとした感触はみためにも握ってもとてもいいと思いました、惜しいのはブラッククロームで、M9−Pのようにブラックペイントか所謂クロームだったら素晴らしいのにと、個人的には思います。

ライカメイフェアー店は、ボンドストリートのエルメスの角を曲がってさらに入った裏通りにありますが、接客は仰々しいところがなくて大変感じがいいところです。ロンドンお立ち寄りの際はぜひどうぞ。すぐ隣にはいいパブも、素晴らしいレストランも並んでいますので。
M9-P / Summicron 50mm f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-24 03:40 | Leica | Trackback | Comments(8)

白い扉

c0202611_22521612.gif

M9-P / Summilux 24mm f1.4
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-22 22:54 | Leica | Trackback | Comments(0)

night bird

c0202611_2202042.gif

M9-P / Summilux 24mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-19 22:03 | Leica | Trackback | Comments(4)

friends

c0202611_15351275.gif

M9-P / 75mm Summicron f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-17 15:38 | Leica | Trackback | Comments(6)

kite

SIGMA 50-150mm f2.8 APO DC HSM OS 12839744
OS(OPICAL STABILIZER)付きの新しい50−150ミリがシグマUKから届いた。

c0202611_21524777.gif


OVERLOOKシリーズでは後半の半分ほどはこの50-150をSD15で撮っていたので、シグマさんには早くOS付きを出してほしいとリクエストしていたのだが、昨年の末頃プロジェクトは延期になりそうと聞いていた。それだけに今回GW前に発売されたのは、少しばかり驚きでもあった。SD1でこのレンズを使うのにはOS付きが望ましいと思っていたので待望のレンズである。

使い始めての印象は、OS付きでかなり大きくなったことを心配したが、これまで手持ちで1/200秒くらいが限度だったのが、1/100秒あたりで不安なく切ることができるようになったのは非常に大きい。見た目にも重さも相当大型になったが、その重量とOSのコンビで、手ぶれに関しては相当効果があるように思う。数日間使っただけで、旧型への後戻りは完全に消えてしまった。
SIGMA SD1 / 50-150mm f2.8 APO DC HSM OS
© All rights reserved.
by b-road | 2012-05-12 21:59 | SIGMA SD1 | Trackback | Comments(14)

Leica M MONOCHROM

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by b-road | 2012-05-11 04:58 | Leica

M9-M?

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by b-road | 2012-05-09 22:51 | らいかあれこれ