b - r o a d

Top

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

OVERLOOK 15-5290

c0202611_8593182.gif

SIGMA SD15 / 50-150mm Zoom f2.8 APO HSM
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-28 09:02 | Trackback | Comments(2)

OVERLOOK 14-8528

c0202611_1433569.gif

SIGMA SD14 / 50-150mm Zoom f2.8 APO HSM
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-25 14:35 | Trackback | Comments(10)

OVERLOOK at PGI GALLERY

もうすでに案内状が届いている方もいると思いますが、昨秋ロンドンで発表した私にとっては初めてのカラーに依る展覧会「OVERLOOK」を3月2日から4月28日まで東京芝浦のPGIギャラリーで行います。http://www.pgi.ac/content/view/170/85/lang,ja/
是非ご覧いただければと思います。
c0202611_13142912.gif

OVERLOOK 14-7709
SD14 / 50-150mm Zoom f2.8 APO HSM
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-23 13:19 | Trackback | Comments(4)

赤い薔薇

c0202611_137225.gif

M8 / Summilux 35mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-19 13:09 | Leica | Trackback | Comments(8)

Super Wide-Heliar 15mm f4.5 (L) ASPH

Lマウントのこのレンズは出回っている数が少ないためか店頭では見つからず、コシナさんに無理を言って貸し出してもらった。この僅か105gしかない小さな玉は、バルナックに付けて持ち出すのが理想的ではないかと思っていたので、いつか試してみたかったのだ。専用のファインダーに慣れるのは時間が掛かりそうだが、少し慣れればファインダーはあっても無くてもいいかと思えるような気もする。
c0202611_20272195.gif

超ワイドレンズというのはアグレッシブで都会的なムードを醸成するにはもってこいのレンズ、その反対に望遠系はどちらかというと下手すれば田舎臭い絵になりかねないので要注意、という信号がぼくの中でいつもちらちらしている。写真を始めた頃はぼくもやはり短い玉の虜になって、その頃出たばかりのニッコールの20ミリf3.5を振り回していたが、プロになってからはそういうレンズから足を洗っている。
今回この15ミリをDⅡに付けて使ったあとで思ったのだが、これをM8につけて21ミリのファインダーを載せてというのもわるくないかも?なんて思ったりしている。

明るい陽射しの中でまったくの逆光、レンズにとって迷惑この上ない条件でのカットも古いライカレンズに慣れている身には驚くほどクリアーな描写。ひさし振りにフィルムスキャニングをした。
Leica DⅡ / Super Wide-Heliar 15mm (L) ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-15 20:30 | ちょっといいれんず | Trackback | Comments(18)

キッチンフラワー

c0202611_11471749.gif

M8 / Apo Summicron 75mm f2.0
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-12 11:48 | Leica | Trackback | Comments(2)

SIGMA DP1 Merrill & DP2 Merrill

今年のCP+は人が多く、10時過ぎ会場に着いたときには主要なブースの前は既に長蛇の列。いくつか手にしてみたい機種はあったのだが、結局SIGMA DP Merrillを手にしただけで早々に会場を離れた。
まったく噂がなかったわけではないが、SD1のセンサーを身にまとったDP1MerrillとDP2Merrillが登場した。http://sigma-dp.com/DP-Merrill/jp/

DP1Merrillは19ミリf2.8(約28ミリ)
DP2 Merrillは30ミリf2.8(約45ミリ)
これまでのDP1はレンズがf4、ハイイソで無理をしたくないフォビオンではもう一段明るいこのf2.8のレンズは大歓迎だ。一方DP2Merrillの30ミリはもう少し長めの標準を考えられなかったのか少し残念に思うが、これはマーケットのことを充分に考慮しての判断なのだろう。それにしてせめてあと5ミリ長くできなかったのかと、個人的にはなんとも心残りに思う。

価格と発売時期は発表されていないが、恐らく実際にマーケットに送り出されるのは6月頃になるのではないかと思うが、これはあくまでもぼくの想像と期待。
見た目の形状はこれまでのDPシリーズを踏襲しているが、少し大きく、持った感じも少し重い。レンズ鏡胴には両レンズとも普通のレンズのようなフォーカスリングが付いたのが目新しい。

あのSD1のセンサーがコンパクトなDPシリーズに組み込まれて登場というのは、目の前で手にとって見ても信じられないような気分だが、数ヶ月の後充分に熟成されて登場すれば、かってDP1が登場した時のような強烈なインパクトが再現されることになるかもしれない。すべてはこれからの仕上げ次第ということだろうが、SD1のセンサーを持った新しいDPがどんな絵を運んできてくれるのか今から待ち遠しい。
by b-road | 2012-02-09 20:47 | DP2 | Trackback | Comments(10)

CP+ 2012

横浜のCP+が今週の木曜日9日から始まる。

c0202611_17404085.gif

シグマで有名なmaroさんのブログに、
CP+ の開催日前日にシグマから何かの発表があると言うことを教えてもらった。チョットしたニュースらしいが、内容は全く不明。とあったので何かあるのかなとおもうが、ぼくには気配も伝わってこない。
去年のCP+ではシグマSD1とかフジのX100が目玉だった記憶があるが、なんだか随分遠いことのように感じるほどデジタルカメラの風化は早い。ユーザーからみれば2、3年落ちのもので撮っても得られるものに変わりはない(変わると言える人は、錯覚してるか相当の腕前の持ち主だ)つまり大方は使い捨てで、高機能のカタログスペックだけが空しいと言えなくもない。
と言いつつぼくも見に行くのだから、病気と言えば間違いなくそうだろうと自分でも思う。
SIGMA SD1 / 50mm f1.4 EX DG
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-06 17:46 | Trackback | Comments(2)

C Sonnar + M9-P

ゾナーの50ミリをM8からM9−Pにつけ変えて最初に意識したことは、90センチの最短距離だ。古いライカの50ミリの多くは1メートルが最短だからなおさらだろうが、M9では球面最後のズミルックスやズミクロンのように70センチがほしくなる。
c0202611_7244495.gif

描写自体はM8でもM9でも同じようなもので、おそらくどちらがいいという判断は微妙だろうが、少し小さいセンサーがもたらす50ミリとM8の組み合わせというのはなんて絶妙なんだとぼくは思う。へそ曲がり的に云えばこれはフィルムでは味わうことの出来ない新しいレンズの世界で、ぼくのようにそれがぴったりくる者にとっては、M8と50ミリの世界はフルサイズのM9では得られない独自の世界なのだ。
だからこのゾナーはやっぱりM8で使う方がぼくにとってはぴったりくる。
M9-P / C Sonnar 50mm f1.5 ZM
© All rights reserved.
by b-road | 2012-02-03 07:29 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(6)