「ほっ」と。キャンペーン

b - r o a d

Top

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

SD14 / 50-150 mm f2.8 APO HSM

c0202611_19155859.gif


Macのラップトップで見ているのではたして夫々のモニターではどんな色に見えるのかわからないが、ぼくにとってはやはりSD14らしい色味だと思う。結局プリントアウトするまではモニターで見る色はあくまでも暫定的、あるいはそのままで多くは終わってしまう。
© All rights reserved.
by b-road | 2011-05-29 19:29 | Trackback | Comments(16)

DP2x

SD1登場の陰でひっそりとしたアナウンスになっているが、DP2xが5月27日発売になる。
ネットでみる価格は旧モデルのDP2よりも安くて、なんだか腑に落ちないような気もする。発売前の価格で45000円を切る価格は2年前に登場したDP2が6万円を超える価格だったことを思うと、DP2xでフォビオンを味わうことの出来る人はラッキーだと思う。2年経った今もDP2の魅力は薄れていないが、その間にユーザーからのフィードバックを得て改善されてきたDP2xは、おそらくDP2の最終ヴァージョンになるのではないかと思っている。

DP1xのあの画角を除くその他がDP2xになっているとすれば、間違いなく最良のDP2として登場すのではないだろうか。画角は好みで選べば良いが、DP1DP2どちらを選んでも、デジタルにはこういう世界もあるんだと感嘆するはずである。一見入門機に見えるだろうが、DPシリーズの導いてくれる世界は写真へのまっとうな入り口で、そこからさきには深い穴が続いている。もっとも尻込みしてベイヤーの世界に駆け戻るのは自由だが、それでは惜しい。ぼくは一人でも多くがこの深淵をDPシリーズで触れてほしいと思う。DPシリーズを真に卒業出来た人は、写真で一人前と言ってもいいと思う。
© All rights reserved.
by b-road | 2011-05-26 22:38 | DP2 | Trackback | Comments(12)

cupid


c0202611_231559100.gif

© All rights reserved.
by b-road | 2011-05-22 23:17 | Trackback | Comments(13)

TADAO ANDO “沈黙”

世界的に著名な建築家安藤忠雄氏のインスタレーション
“沈黙”が5月19日からロンドンのハミルトンズで始まります。

Exhibition: 19 May - 17 June 2011
Hamiltons
13 Carlos Place London W1K 2EU
www.hamiltonsgallery.com

c0202611_3321189.gif

(イメージはハミルトンズの案内状より)
by b-road | 2011-05-19 03:46 | Trackback | Comments(0)

義父の腕時計

ぼくの今使っている腕時計は義父の形見である。
結婚したとき義父は既に60歳を超えていたと思うが、ロシアの血が入っているという家系からか、若い頃の義父はめちゃハンサムでイタリア人みたいな写真が残っている。スーツはいつも仕立てたものを着ていたらしいし、とにかくハイカラなひとだった。もうひとつやはり形見の懐中時計もあるがこれは真四角の金時計、義父にはぴったりだと思うが、ぼくは位負けしてしまう。

c0202611_2282952.gif


腕時計と車についてぼくは昔から絶対に嫌というのがあって、それはメルセデスとロレックスだ。貧乏人のひがみだよと言われれば誠にそうなのかもしれないが、貧乏人の反骨と言ってもらった方がうれしい。つまり定番に落ちるというのがひどく嫌なのだ、ましてそれが貧乏人ということであれば、お金持ちの平凡な定番よりさらにひどくなりはしまいかという心配がいつもむくむくと湧いてくるのだ。

この時計はシンプルな2針の手巻きで、特にブランド品でもない。唯一少し目立つのはガラスがダイヤモンドカットになっていることだが、父はきっとこれが気に入って購入したのではないかと思う。キラキラ越しに針をのぞき込み、少し父を思い出す義父の腕時計。
© All rights reserved.
by b-road | 2011-05-16 22:15 | Trackback | Comments(2)

マイでじかめリスト

いつの間にか増えてしまったデジカメ、使わないものは処分しなければと思いながらも捨てられない。
こうしてリストにして見るとやっぱり半分は必要ないのがよくわかる。ついでに少し荒っぽいが○×も。

Finepix S5pro-今やまったく休眠中。よく出来たニコンのハードウェアは魅力。
SONY α900-かなり気に入っているがまだこれはという使用目的がみつからない、殆ど休眠中。
Leica M8-シンプルで合理的な操作性は秀逸、10メガでもまったく不足なしバリバリの現役。要注意はこれを使うとフィルムの使用量が激減すること。フィルムにこだわらなければピカイチ。
シグマDP2-モノクロームで使うとM8に匹敵、時にはそれ以上の場合も、ライカM8のスーパーコンパニオン。
シグマDP1x-28ミリというのが自分にはぴったりこないため出番がない、ぼくのところでは不遇。
シグマSD14-カラーワークには15とのコンビが欠かせない。個性も欠点も強烈、ハマると痺れる15より好み。
シグマSD15-カラーノイズ、バッファともに14から大幅に改善、だがフォビオンの味は少し薄れた。14とともに最初のカラー展に向かって進行中。SDシリーズがなければカラーは考えられなかったので両機に感謝。
Finepix X100-きれいに撮れるしよく写る。しかしハードウェアもソフトも詰めが甘過ぎる。きれいだがスリーク過ぎる絵は何かもの足りない、もう飽きた。
Olympus Pen E-P1-開封以来殆ど出番なし、これからも多分使うことはないかも。
© All rights reserved.

「原発震災」を防ぐ全国署名 
賛同して下さる方は下記アドレスから署名用紙をダウンロードできます。
http://www.geocities.co.jp/genpatusinsai/
by b-road | 2011-05-11 17:35 | Trackback | Comments(0)

ハンガー

ではいかにも味気がないと思うけれど、それはともかくぼくはレストランやカフェに入るといつも自然にそこに目がいってしまう。眺めているだけで時間の向こう側とこちら側が少し覗けるかもしれないなんて思うこともある。
どんな人がどんなコートを掛けていたのかハンガーは教えてはくれないが、自由に思いを馳せることはできる。

c0202611_3105327.gif

Noctilux 50mm f1.0
© All rights reserved.

「原発震災」を防ぐ全国署名 
賛同して下さる方は下記アドレスから署名用紙をダウンロードできます。
http://www.geocities.co.jp/genpatusinsai/

追記
6日菅首相が浜岡原発の運転停止要請というニュースを聞いた。
大きな決断をされたのだと思うが、これを契機に日本が大きく舵を切ることになってほしいと祈りたい。
by b-road | 2011-05-06 03:13 | Leica | Trackback | Comments(2)