b - r o a d

Top

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DP2 - #18

c0202611_16465363.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 4.0
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-30 16:48 | DP2 | Trackback | Comments(0)

DP2 - #17

c0202611_16183.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 3.3
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-22 01:07 | DP2 | Trackback | Comments(0)

DP2 - #16

DP2が手元に届いたのは去年の5月ゴールデンウィークの最中だった。あれから約10ヶ月ショット数は1400を上回ったところだが、これが多いのか少ないのか分からない。いずれにせよこれが自分のペースだと思う。DP2で一度に撮るコマ数は3、4枚から多くても7、8枚それがこのカメラのぼくの使い方でありテンポなのだが、なかなか他のデジカメではこうはいかないのではないだろうか。ふつうデジカメは容易に連写が出来るので、ついついコマ数だけは多くなり、撮る間の中で考える時間というのは持てないものだが、DP2は弱点がかえって見えない形でいい方向に作用しているデジカメとぼくは思っている。

実際同じシグマでもSD14は、使用期間は短くてもショット数は三倍程になっているので、同じ人間が同じように使っているようで実は異なったテンポであることがわかる。シャッターを押すのは簡単、それにコストも考えなくてもいいとなれば必然デジカメのショット数は桁外れに多くなりがちかもしれないが、整理したり捨てたりと要する時間が馬鹿にならない。結局無駄打ちは極力避けたいと自分は思う。1400はフィルムの場合36では約40本、とびきり腕のいい人ならば30-40枚の仕事が残るフィルム消費量である。自問して?/1400、デジタルもまたなかなか難しい。

c0202611_3515947.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 3.3
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-20 03:55 | DP2 | Trackback | Comments(0)

book shelf

c0202611_22544217.gif

SD14/70mm f2.8 DG MACRO : RAW SIGMA Photo Pro
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-18 22:59 | Trackback | Comments(0)

DP2 - #15

c0202611_14114093.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 3.3
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-14 14:12 | DP2 | Trackback | Comments(0)

escalator

c0202611_16304280.gif

M8/Canon 50mm f1.2(L)
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-10 16:32 | ちょっといいれんず | Trackback | Comments(0)

DP2 - #14

c0202611_17204675.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 3.3
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-07 17:22 | DP2 | Trackback | Comments(0)

SD14の音

店頭ではじめてSD14を手にしたとき、あれーなかなか好いんじゃないかと思ったのはシャッターとミラーボックスからの音である。購入前ネットサーフで知る限り、このSD14の音については誰もあまり触れてなかったので、印象に強く残っている。

モノクロームのシビアな撮影のときは、殆どの場合2台のライカM型と数本のレンズでのぞむのだが、M2台と言っても使うのはどちらか1台であとは状況によってサブ的に使うのでこの2台の比率は70-30%辺りである。それでもこの2台のコンビは同じ形状のボディーというのが基本で、例えばM5とM6のコンビなどというのはぼくの場合ありえない。理由は簡単でボデーをスイッチしたときに、掌には同じ形で収まるというのが条件だからである。ましてや一眼レフタイプなど普通はありえないのだが、この日は試みにMPとM4-PのコンビにSD14を加えて持って行った。

この日のメインボデーはMPなので、スイッチする間にSDで数枚撮ったらきっとあとは使わないだろうと予想していた。これはボデー形状のこともあるが、なによりDSLRの音はMとの調和が難しいだろうと考えていたからである。ところがMPからSDにスイッチしてもシャーッターの音は全然気にならないどころか、まっさらなMPの方が気になって、MPってこんなにうるさいのか?って思ったくらいである。こんなことを言うとライカファンにきっと叱られるだろうが、ぼくにとってもこれは正直全くの驚きだった。MPがミラーボックスで跳ね返るミラーショックの音よりも大きいはずがないというのは、今も疑いはない。問題は音の大きさより音質なんだろうが、そもそもMPと比べるということ自体どうにも理屈に合わないし、何十年ものライカユーザーには信じられないのだ。DSLRはNもCも使っていたし、フォーサーズも持っているので少しは分かっているつもりだが、こんなに抑制の利いた音のDSLRを他に知らない。しかもSD14の音はただ静かというだけでなく、そのうえとても上品な音なのだ。メーカーによってはシャッター音について専門のチームがあるそうだが、カメラというよりはレンズメーカーと言ってもいいシグマにもこういうチームがあるのかどうかはわからない。とにかく相当拘りのある技術者がいなければ偶然でこうなるとはとても思えないので、目立たないところで密かに汗を流している技術者がいるに違いない。スポットライトは当たらないかもしれないが、SD14の音は間違いなくこのカメラの美徳のひとつだとぼくは思う。恐らくこの音はSD15にもそのまま引き継がれているはずである。
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-03 20:27 | Trackback | Comments(0)

Nocturne / #3

c0202611_22484714.gif

DP2/RAW : SIGMA Photo Pro 3.3
©All rights reserved.
by b-road | 2010-03-01 22:49 | Trackback | Comments(0)