b - r o a d

カテゴリ:Leica( 119 )

M4 BP & Lux 50 1st BP

いつの間にか蝉の声もきこえなくなり、あっという間に季節は変わったのかと思うような9月になりました。

8月の中頃からはじめたスキャニングとプリントにやっと終わりが見えてきました。約600枚のネがから50枚ほどのスキャンをして、これからさらに20点ほどに絞ってプリントをするのですが、2週間もあれば終わるだろうという最初の見込みは結局3週目に入って何とか終わりが見えてきました。なんでこんなに時間が掛かるのというと、スキャンした時のゴミ取りが、まるでアナログプリントの修正作業みたいに単純な繰り返し作業で閉口です、つまり最も面白くない工程に一番時間がかかるということなんですね。

1982年10月に撮影したちょうど35年前のネガは、書き残されているメモからこれらのほとんどがその頃使っていたブラックペイントのM4に付けたズミルックス50の初期型ブラックペイントだったと思い出す。そのM4は写真学校で教わったある先生が、君よかったらこれ使ってくれないかと卒業後何年かしてからに譲っくれたもので、適当にペイントが剥がれて、カメラとしては最も美しい状態のM4でした、おそらくはぼくが手にしたM型ライカでもっとも撮り易いカメラだったと思う。それにロンドンで見つけた黒塗りのズミルックスは、前玉ににわずかに傷があったが、この組み合わせは文句なく理想のペアだったなーとコンタクトを見ていてとつくづく思っています。ほとんどの写真はこのコンビに加えて、ミノルタCLに付けたズミルックス35ミリの2本で撮っている。数点ノクティルックスで撮ったものが入っているので、この頃からやっと使い始めたのでないかと思うが、時折ズミルックス50に混じって試し撮りのようなカットが数点入っているので、様子見という感じの使い方ではなかったのだろうか、しかしまだズミルックスを押しのけるような使い方ではないので、それだけズミルックスとM4のバランスが素晴らしかったのでしょう。

その黄金のペアももうぼくのところには残っていませんが、黒塗りのズミルックは今でも友人が使っているはずです。80年代の中頃にはノクティルックスがズミルックスに変わってぼくの50ミリの中心になっていたので、もう要らないとあるとき親しい友人が使うM6用にとプレゼントしてしまったのです。しかしズミルックス1stの良さは今でもその頃のネガやプリントを見るたびによみがえり、心の中では今でももっとも憧れのレンズなので、これはこれからも変わりようがないだろうと思います。

c0202611_14545517.jpg

ここ数年毎年のように秋になると東京目黒のブリッツギャラリーで展覧会をしていますが、今年も例外でなく来月3日から予定していますので、ぜひご覧いただければと思います。会期中どなたかお使いのM4ブラックペイントを見ることができればと、心密かに楽しみにしています。さすがに今ズミルックス50の黒塗りは見ることは期待できないかもしれませんが、1stをお使いの方はぜひお声掛けをいいただければと思います。

© All rights reserved.


by b-road | 2017-09-04 15:11 | Leica | Trackback | Comments(14)

ライカM9センサー交換

M9のユーザーはもうすでに承知のことと思いますが、M9センサーの無償交換サービスはは8月15日迄、その後は有償になりますというアナウンスが数ヶ月前にありました。ぼくも先週M9-Pを銀座のライカジャパンの修理窓口に持って行きました。それほど使う機種ではないので、普段剥離を気にしたこともありませんでしたが、チェックを受けるとやはり3箇所に剥離が確認されました。センサーの交換は無償ですが、交換期限が数週間に迫ったこの時期、センサーの手配が追いつかないようで年内ギリギリまで待つようになるかもしれませんということでした。また剥離は使用頻度に関係なく発生するとも聞きましたので、新品で購入後開封されていないような場合であっても、剥離は起きるということですから、大事に使われているユーザーはこの機会にぜひセンサーのチェックを受けておいた方がいいと思います。またライカカメラジャパンは8月11日から16日まで夏季休暇ですので、10日前に剥離の有無を確認してもらいましょう。


by b-road | 2017-08-01 07:24 | Leica | Trackback | Comments(8)

M10触ってきました(1/28発売)

26日ライカ銀座店2階でのM10の発表イベントに行ってきました。そしてM10触ってきました。

ボディーが3、4ミリ薄くなって、M7、M6TTLと同じなったこと、ISOダイヤルが備わったこと、ビューファインダーが見直しをされたこと等々既に情報は出ていましたがが、ぼくの注目点はファインダーです。

倍率がこれまでの0.68から0.73になってフィルムMと同等になったこともさることながら、視野が広くなり、フレームラインもよりくっきりしたファインダーは、覗いてみてすぐにその違いがわかる、とても良いファインダーになったと思いました。できることなら手元にある3台のデジタルMすべてに、このファインダーが欲しいくらいです。

リファインされたこのファインダーだけでも、M10は意味があると思います。

2006年初めてライカのM型がデジタルとして登場した時、それまでのフィルムユーザーの多くは、それまでよりも厚みの増したボディーに不満を言いました、そしてフィルムMよりも倍率の低くなったファインダーにも同様に不服でした。それから10年経ちましたが、その間ライカはそのユーザーの思いをしっかり受け止めていたんだと思います。M240で少し寄り道をしたような気もしますが、今回のM10は本来のライカRFカメラのあるべき姿にもう一度考えを寄せて、基本を見つめ直してつくられた、非常に重要なモデルだと思いました。久しぶりに登場した、ぼくも本当に欲しいライカです。

© All rights reserved.


by b-road | 2017-01-26 21:07 | Leica | Trackback | Comments(12)

木靴の夜

c0202611_08143381.jpg
Leica M9-P
© All rights reserved.


by b-road | 2017-01-14 08:17 | Leica | Trackback | Comments(12)

冬の小道で

c0202611_12035051.jpg
Leica M9-P
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-15 12:04 | Leica | Trackback | Comments(8)

M9-P

c0202611_21514014.gif
ブログにアップしてから、アレアレM9−Pはカテゴリー設定もしてなかったんだと気がつく。それだけM8とMモノクロームの間で影が薄かったのかと少し済まないような気がする。M8からM9−Pになって色味が自分にはイマイチだと思っていたのが、印象を悪くしていた一因に違いない。その反面モノクロームへのコンバートではM8ともMモノクロームとも違った調子が、結構気に入っていたけれど、出番は少なかったなー。
ショット数は3年で5000をやっと超えたところだから。
久しぶりにコンバートしてモノクロームで見ると、ハイライトがMモノクロームに比べるとやさしい。
Leica M9-P
© All rights reserved.


by b-road | 2016-12-11 22:12 | Leica | Trackback | Comments(0)

夏の宵

梅雨があけました、夏です。
今夜は少しの風が気持ちいい宵です。
目の前に黄色の素晴らしいレーシングスポーツが止まりました、
車好きのぼくにもお手上げです、わかりませんこの車?
ああっ排気音を残して、行ってしまいました、、。
c0202611_20151716.gif

Leica M9
© All rights reserved.
by b-road | 2016-07-29 20:27 | Leica | Trackback | Comments(20)

夏日

c0202611_544023.gif

Leica D-Lux
© All rights reserved.
by b-road | 2016-06-04 05:51 | Leica | Trackback | Comments(2)

時間

c0202611_68348.gif

Leica D-lux typ109
©All rights reserved.
by b-road | 2016-05-30 06:09 | Leica | Trackback | Comments(10)

シトロエンSM

c0202611_7515120.jpg

Leica D-lux TYP109
© All rights reserved.
by b-road | 2016-05-28 07:53 | Leica | Trackback | Comments(2)