b - r o a d

カテゴリ:Leica M8( 53 )

M8/Summilux 75mm

c0202611_152538100.gif

Leica M8 / Summilux 75mm f1.4
© All rights reserved.
by b-road | 2014-06-29 15:27 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

Newhaven to Dieppe

友人の招きで、英国海峡対岸のノルマンディーに5日ほど行ってきました。
仏英間ではもっとも古くからあるフェリーに隣町のニューヘブンから乗って、約4時間でディエップに着きます。
いつか読んだヘンリーミラーの短編で味わったような濃密なメランコリックの世界は期待できませんが、彼がフェリーから眺めた白亜の海岸線は、おそらくそんなには変わっていないと思います。
c0202611_17201366.gif

Leica M8 / Summaron 28mm f5.6(L)
© All rights reserved.
by b-road | 2014-06-21 17:28 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)

ブライトンカフェ

ブライトンは大雑把にいうと、街の中心部と東側のケンプタウン(KEMPTOWN)、そして西側のもともとはホーヴ(HOVE)という隣町が一緒になって市になった街です。電車で着いて、駅前の道をまっすぐ進むと5分ほどでクロックタワーにぶつかりますが、更にそのまままっすぐ5分ほど進むと海辺に出ます。そのクロックタワーの右手の方向がホーヴで、左手の方角がケンプタウンになります。

このクロックタワーの周辺がショッピングの中心で一番の賑わい所、イギリスでいうところのハイストリートです。クロックタワーから西に向かっての大通りがウェスタンロードで、ホーヴまでのびています。ホーヴまでゆっくりこの道を歩いても2、30分くらい、途中で左手に降りる道はどの道も海に向かい、ビクトリア様式の住宅が両側に並んでいます。
c0202611_3595351.gif


今日のカフェはそのウェスタンロードに面した角にある、比較的最近できたカフェです。ウェスタンロードは人通りも多く、昼頃になるとカフェで昼食を済ませる人も入ってきて多少落ち着きがなくなりますが、最近のトレンドなのか、このところのレストランやカフェに共通するネオクラッシックなカラーリングの佇まいは、このカフェの一番気に入っているところです。オリーブグリーンとアンバー系の色調の店内は、日本のカフェにあるようなガキっぽい可愛らしさとは無縁ですが、ぼくにとっては心地よい空間です。

それほど広くないスペースの真ん中にコの字型のカウンターと水回りを配した、カフェではあまりみないレイアウトです。360度の視線にさらされるのは大変ではと思うのですが、まあじろじろ見る人もいないようですから、余計な心配かもしれません。

午前中の静かな時間帯が好きです。誰かに会うわけでもないので、自分が気持ちいい空間というのが一番です。この辺りで一息つく時は良く入る「Small Batch caffe」です。ぼくは珈琲党ではないので、ここのそれが美味しいかどうかは分かりません。ということで残念ながら味についての評価は出来ません。
Leica M8 / Apo Summicron 50mm ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2014-06-04 04:06 | Leica M8 | Trackback | Comments(24)

残された肖像

c0202611_2215683.gif

Leica M8 / Apo Summicron 50mm f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2014-05-25 02:26 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

2+ワン

c0202611_15412280.gif

Leica M8 / Summaron 35mm f3.5
© All rights reserved.
by b-road | 2014-04-29 15:42 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

春のひかり

c0202611_19241589.gif

Leica M8 / Apo Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.
by b-road | 2014-04-24 19:25 | Leica M8 | Trackback | Comments(18)

春風

c0202611_16571124.gif

Leica M8 / Summaron 28mm f5.6
© All rights reserved.
by b-road | 2014-04-19 16:58 | Leica M8 | Trackback | Comments(4)

ズマロン28f5.6

c0202611_14222383.gif

予想していたよりもかなり色味が違ってWBの設定に悩みそうだが、モノクロームへのコンバートは文句なしに良さそう。35ミリの外付けファインダーをつけて、ゾーンフォーカスだけでフレーミングに集中できるのが気持ちいい。

c0202611_14301551.gif


Leica M8 / Summaron 28mm f5.6
© All rights reserved.
by b-road | 2014-04-11 14:39 | Leica M8 | Trackback | Comments(16)

帽子店

c0202611_9212625.gif

Leica M8 / Summicron 35mm f2.0 (1st)
© All rights reserved
by b-road | 2014-03-29 09:24 | Leica M8 | Trackback | Comments(8)

M8

今月号のカメラマガジン(2014/4月号)に、長期使用リポートとして写真家飯塚達央さんのM8の記事が掲載されている。
ふつうのデジカメユーザーは高画素に洗礼されると、なかなか下には降りてこないものだし、ましてプロは、ひたすら高画素、高解像の階段を駆け上がりはしても、降りてくる人はきわめて稀だ。
飯塚さんご本人も記事の中で、「我ながらどうかしていると思う」と書いている。
ぼくの記憶では飯塚さんは、カメラマガジンにも高画素機で撮った作品を何度か掲載していたし、ニコンのデジイチのモニターもされていたと思う。その飯塚さんはこうも書いている。「精密に写す最新鋭機を使ってきて、解像度は高ければいいとは限らないと感じてしまったのだ」と。
リポートはこれからも続くので、これからさき油断はできないが!ぼくのようにM8の好きな人間にとっては、心強い同士が出来たようで非常にうれしい。またM8に興味のある方は飯塚さんのリポートにぜひ注目して欲しい、ぼくも楽しみにしています。
c0202611_1313382.gif

Leica M8 / Apo Summicron 50mm f2.0
© All rights reserved.
by b-road | 2014-03-22 13:16 | Leica M8 | Trackback | Comments(32)