b - r o a d

Top

カテゴリ:DP2 Merrill( 7 )

捨てられたフィルム

c0202611_1142292.gif

ISOは前回と同じ400 f3.5
RAW>SIGMA SPP5.2.1>PSでリサイズ>GIF
後はまったく何にもなし、きわめてストレートな作業。

絞りは少し変えて撮っているが、f3.5というのは今日みつけたスイートスポット。

SIGMA DP2 Merrill
© All rights reserved.
by b-road | 2012-09-07 11:55 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(6)

DP2 Merrill / ISO 400

c0202611_1533494.gif

DP2がメリルになってよくなったことの一つは、これまではあきらめるより仕方なかったISOの変更が少なくとも1段から2段は上げても実用に耐えるようになった点ではないだろうか。
モノクロームでは場合によっては800も使えると思っているが、従来DP2は100で撮りきるより仕方なかったことを思うと、400や800で使えることは大きい。
同じセンサーのSD1ではカラーで400を躊躇なく使っている。しかしDP2メリルの色の出方はSD1とは異なり、正直言って ぼくの場合SD1での学習は助けにならない、これはなかなか手強いのではないだろうか。
SIGMA DP2 Merrill / ISO 400 RAW SPP 5.3.1
© All rights reserved.
by b-road | 2012-08-30 16:05 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(2)

ガーリック & ジンジャー

c0202611_13324021.gif

SIGMA DP2 Merrill / Raw SPP 5.2.1
© All rights reserved.
by b-road | 2012-08-24 13:36 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(12)

DP2 Merrill

c0202611_1134936.gif

DP2 Merrill / RAW SPP 5.2.1
© All rights reserved.
by b-road | 2012-08-01 11:35 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(4)

DP2 Merrill

c0202611_17491459.gif

DP2 Merrill / RAW SPP 5.2.1
© All rights reserved.
by b-road | 2012-07-31 17:52 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(4)

DP2 Merrill 発売7月12日

東京に戻って最初のニュースは SIGMA DP2 Merrill 発売日。
http://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=385

あと二週間足らずで店頭に並ぶが、2009の4月登場から約3年でDP2はこれで完全に次世代に移行する。
あのDP2の感動がこのメリルでも再び再現するのか、DPユーザーにとっては見逃せない注目のメリル。
既にSD1でそのセンサーの素性と能力は周知の通りだが、実際にはフィックスされるレンズに左右されるので、ぼくのようにSD1を使っていてもDP2 Merrill の予測はむずかしい。キャンペーンのロケ先がモロッコということで、アッピールしたい狙いの方向性はみえるかもしれないが、手に取ってみるまではすべて想像でしかないのだろう。
ハンズオンがたのしみ。

c0202611_613539.gif
写真はフジのX-Pro1によるものだが、ぼくにとってはこれでほぼ完了。
其の写りはレンズもふくめて素晴らしいものがあるし、画像自体の魅力は十分だが、ぼくにとっては撮
影に集中しにくいカメラであることが終始不満だった。
FUJIFILM X-Pro1 / 35mm f1.4 RAW - LR4
© All rights reserved.
by b-road | 2012-06-30 06:15 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(4)

DP1 & DP2 Merrill

当初早ければ登場は6月頃と聞いていたので、順調に進めば今月と期待していたが、6月も中日の今日まで発表がないところをみると今月は無理かもしれない。7月には店頭に並ぶまでにはいかなくても、発売日はあきらかになっているのだろうから、楽しみはもうすぐだ。

こんどのレンズはDP2が約45ミリ(35ミリ換算で)DP1は前と変わらず28ミリだが、f4からF2.8になるDP1はきわめて魅力的なモデルだ。どちらを選択するかは非常に迷うことになるのではないだろうか。

ぼくの密かな楽しみは、将来ライカモノクロームを使うような日がくれば、そのときこのDPメリルをコンパニオンとして同行することだ。この数年間SD14&15からSD1を使ってみた印象では、やはりフォビオンのカラーは独特で他に変えがたいものがある。ライカデジタルをモノクローム専用に割り切ることができれば、あとはこのメリルDPシリーズと場合によってはSD1というきわめてシンプルな体制に落ち着くことができる。それで3、4年はいけるだろうから、その後のことはもう que sera, sera でいい。
by b-road | 2012-06-15 18:44 | DP2 Merrill | Trackback | Comments(4)