b - r o a d

Top

窓にチューリップ

c0202611_12103694.jpg
ヘリアー50ミリf2.0は過去に2度限定版でMマウントとLマウントでそれぞれ発売されたレンズですが、今回はコシナさんに無理を言って借り出して使うことができました。同じヘリアーの50ミリには最近発売されたf3.5もありますので、その違いに興味もありました。ぼくの使ったのはMマウントの沈胴タオプの方で、f2としては非常にコンパクトです。描写の印象は開放でも充分にシャープで、ヘリアーはf2.8が設計上限度と聞いていましたので、正直すこし驚きました。こういう風に横に平面にならべた被写体ではわかりませんが、奥行きのある被写体で明暗のあるものを撮ると、開放のイメージとはまた違う少し古いレンズを思わせる描写に味があります、また点光源の美しさも印象的です。今回は専らM10での使用で、M8やM9で撮れなかったことが残念です。少し使って気にいると借り物が苦痛になり、自分のレンズとしてじっくり使ってみたいと思うようになりますが、これもきっと一種の病気ですね、、、。
Leica M10 / Heliar Classic 50mm f2.0
© All rights reserved.


by b-road | 2017-03-31 12:39 | Leica M10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/26545032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]