b - r o a d

Leica MM (Typ246)

先週は借りモノの246を少し使ってみた。
初代のMモノクロームと比べて最初に感じるのはやはりフレームラインを含めたビューーファインダーの良さで、しばらく使っていなかった75ミリを俄然使ってみたくなった。75ミリファンにとっては歴代のM型ライカの中でも、最も好ましい機種ではないか思う。
願わくば限られた数でもいいから、ユーザーの好みで選べるフレームラインが単独で表示できるような仕掛けが可能にならないものだろうか、将来のモデルに期待したい。
EVFはいくら進化しても穴から覗く一眼レフもどきで、レンジファインダーで撮る作法とは異なる世界なので。
c0202611_1204887.jpg

Leica M Monochrom (246) / Apo 75mm Summicron f2.0 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2015-10-06 12:05 | Leica MM | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/24774549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by see6969 at 2015-10-06 15:59
M3の時代にレンズ交換だけでブライトフレームが切り替わるギミックを入れたライカですから、
今のデジタルにもセイケさんがおっしゃられるような嬉しいギミックがあると新旧ユーザー問わずとても喜びそうですね。
技術的にはそれほど難しくないようにも思いますが、
この辺はユーザーのフィードバックと開発者の想像力でしょうか?
この一枚、とても深みのあるトーンです。
Commented by b-road at 2015-10-06 20:48
see6969さん、ありがとうございます。
Commented by AO at 2015-10-08 08:17 x
私もMMを使用していますが、前のタイプです。このセイケさんの写真を見ると、やはり前のMMとは少しグレーのトーンが違うような気がします。レンズのせいなのでしょうか?あるいは、最近のカメラのようにコントラストが強く、モダンな感じの写真になるのでしょうか?たいへん気になるところです。
Commented by b-road at 2015-10-08 09:29
AOさん、シリアスな比較の参考にはならないと思ってください。
カメラの操作感は相当違いますが、この程度の撮影ではLMM1との差は画像としては撮っていて全くわかりません。多分相当シリアスな場合でなければ、ハッキリ認識することはないのではないかと思っています。ネット上では新旧の比較テストもかなり出ているようですが、結構バイアスが掛かっているのと、自分の撮影環境とは違いすぎる点で、参考にはしにくいです。
ぼくも少し使ってみただけですので、本当に作品撮りまでやってみないと、カメラの評価は難しいです。どちらを使ってもほとんど結果に違いは出ないだろうと思います。