b - r o a d

ノクティ/0.95 ASPH

c0202611_2232282.gif

Leica M Monochrom / Noctilux 50mm f0.95 ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2014-06-14 02:25 | Leica MM | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/22232032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こうたろう at 2014-06-16 01:13 x
写真のよしあしはレンズではない、といった話がありますが、どうしても気になる時があります。
この度の場合は、写真が素敵だからレンズもよいように感じるのだと思います。
Commented by b-road at 2014-06-16 03:57
こうたろうさん、「写真のよしあしはレンズではない」というのは相当上での話だろうと思います。しかし誰もがそういう世界で撮れるわけではありませんし、ふつうはやはり使う道具で左右されるのは仕方ないと思います。そういう意味ではフィルムの時代はレンズが大きくものを言う時代でしたが、デジタルでは使うボディーに依って絵が変わるのですから、レンズも多難な時代でしょうか!
それだけでもデジタルを好まないというのは、分かるような気がします。
Commented by Desire at 2014-06-16 21:49 x
こんばんは
カメラ、そしてレンズの組み合わせに撮影者の感性
これが一枚を生むのではないでしょうか?
私には到底たどり着けない世界です
ノクティもこう使ってもらえると幸せな気がします
Commented by greyzz at 2014-06-19 20:48 x
ヨーロッパ人が得意とするところは、医学や法学をはじめ「体系性」の構築だったと思います。
MMにせよ0.95にせよ、ライカカメラ社は「体系性」の深耕に邁進していますね。
Commented by b-road at 2014-06-21 17:40
Desireさん、このレンズはぼくもテストで使ったくらいで、
よくわかっていませんが、球面タイプのノクティとはやはり
少し違うようと思います。
一般的には、撮る人のヴィジョンとレンズの個性がうまく合致した時にひとつの世界ができるのだと思います。
Commented by b-road at 2014-06-21 17:44
greyzzさん、コメントありがとうございます。
コメントの内容がぼくには難しくて理解出来ません!
もう少しやさしくお願いします!