b - r o a d

Top

ブライトンカフェ

ブライトンは大雑把にいうと、街の中心部と東側のケンプタウン(KEMPTOWN)、そして西側のもともとはホーヴ(HOVE)という隣町が一緒になって市になった街です。電車で着いて、駅前の道をまっすぐ進むと5分ほどでクロックタワーにぶつかりますが、更にそのまままっすぐ5分ほど進むと海辺に出ます。そのクロックタワーの右手の方向がホーヴで、左手の方角がケンプタウンになります。

このクロックタワーの周辺がショッピングの中心で一番の賑わい所、イギリスでいうところのハイストリートです。クロックタワーから西に向かっての大通りがウェスタンロードで、ホーヴまでのびています。ホーヴまでゆっくりこの道を歩いても2、30分くらい、途中で左手に降りる道はどの道も海に向かい、ビクトリア様式の住宅が両側に並んでいます。
c0202611_3595351.gif


今日のカフェはそのウェスタンロードに面した角にある、比較的最近できたカフェです。ウェスタンロードは人通りも多く、昼頃になるとカフェで昼食を済ませる人も入ってきて多少落ち着きがなくなりますが、最近のトレンドなのか、このところのレストランやカフェに共通するネオクラッシックなカラーリングの佇まいは、このカフェの一番気に入っているところです。オリーブグリーンとアンバー系の色調の店内は、日本のカフェにあるようなガキっぽい可愛らしさとは無縁ですが、ぼくにとっては心地よい空間です。

それほど広くないスペースの真ん中にコの字型のカウンターと水回りを配した、カフェではあまりみないレイアウトです。360度の視線にさらされるのは大変ではと思うのですが、まあじろじろ見る人もいないようですから、余計な心配かもしれません。

午前中の静かな時間帯が好きです。誰かに会うわけでもないので、自分が気持ちいい空間というのが一番です。この辺りで一息つく時は良く入る「Small Batch caffe」です。ぼくは珈琲党ではないので、ここのそれが美味しいかどうかは分かりません。ということで残念ながら味についての評価は出来ません。
Leica M8 / Apo Summicron 50mm ASPH
© All rights reserved.
by b-road | 2014-06-04 04:06 | Leica M8 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/22195666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 哲☆平 at 2014-06-04 13:07 x
丸い電球もいいですね、ちゃんとフィラメントのあるタイプのやつかな、やさしい灯りです

ぼくは毎日コーヒーを飲まないといられないので
カフェは重要です
でも東京ではほとんど大手チェーン店ばかりで
くつろげるカフェがありません
ゆったりと暑いコーヒーとお気に入りの本を持ち込んで
読書をするので照明の具合やら、周りの客との距離感
そこに入る客層によっては会話が雑音になるので、それも気になります
Commented by b-road at 2014-06-04 16:42
哲☆平さん、おっしゃるように、気に入ったカフェというのは
ありそうでなかなかないものですね。自分にとってくつろげるというのがポイントなんでしょうが。
哲☆平さんはまだ若いからそれでもいいのですが、
ぼくくらいの年になると、独りでカフェに入ることも
結構むずかしくなります。特に東京のような街では。

Commented by twp at 2014-06-04 21:04 x
本当に目の前の状況の様な絵ですね。素敵です。有難うございます。
Commented by DP-M at 2014-06-04 23:14
カフェを経営しています。
イギリスのペンキを使って壁を塗ると、写真のような不思議としっとり落ち着いた風合いになります。
いつかセイケ先生に来て欲しいです 笑
Commented by b-road at 2014-06-05 00:15
twpさん、コメントありがとうございます。
Commented by b-road at 2014-06-05 00:20
DP-Mさん、ペンキも含めてインテリアに関しては、イギリスから学べることはまだまだ沢山ありますね。
いつかぜひ伺いたいです!
Commented by pipopapo-d at 2014-06-05 08:24
いつも関心するのですが、イギリス人やヨーロッパに住む人々は、このような心地の良い空間や時間を創り出すのが上手いなぁと思います。私も一日のうち少しでもこのような時間をもって、外ではなかなか見つけられないのでせめて家の一室だけでも心地の良い空間を整えたいと思っていますが、イギリス人のそのような文化を見習いたいですね。
Commented by b-road at 2014-06-05 15:11
pipopapo-dさん、自宅にというのが基本だと思います。
自分のための心地いい空間、書斎とかデンとか、そして時間を持つことの大切さを思い知らされます。
一生会社のために働いて、年金は75歳から?定年後は都バスに座ってグルグルただ時間を過ごす、根本的に間違っているんではないでしょうか。会社栄えて国滅ぶということになりはしないかと、心配です。
Commented by speedstar-dhy at 2014-06-06 23:49
午前中の静かな時間、いいですね。最近はその時間を好きなカフェで過ごすということが出来ないのが悩ましいところです。
遅れましたが、カメラマガジンの記事拝見いたしました。写真展でプリントを拝見したときの感動がまたよみがえった感じです。ノクティルック50mmF1.2、いつかはと思いながら、はたして自分が手にすることが出来るのかどうか....遠い存在です。使ってこそのレンズ、だと思うのですが。
Commented by b-road at 2014-06-07 00:48
speedstar-dhyさん、ふつう働いていると、とてもそんな風には過ごせない時間ですね。こういう仕事に感謝しなければと思いました。
カメラマガジンご覧いただきありがとうございます。
こうして声を掛けてもらうのが、一番の励みになります。
これからもよろしくお願いします。
Commented by greyzz at 2014-06-07 09:21 x
ホワイトバランスはショットでしょうか、M8特有のアンバーな色調がよく表れていますね.
きもちがなごむお写真です.
Commented by liverbird at 2014-06-07 11:42 x
我がチームのレジェンドがこの度ブライトンのチームの監督に就任しました。チームキャプテンも勤めた人格者で、今でもとても人気があります。ブライトンはいいチームになると思います。
もしかしたらカフェで会われる事があるかも知れないですね。
長身でブロンドのフィンランド人です。
その事もあって、今度ぜひともブライトンに訪れてみたいと思うようになりました。
もっとも私の場合、カフェというよりパブで一服となりそうですが・・・。
Commented by b-road at 2014-06-07 16:26
greyzzさん、ふだんIR/UVは使いませんので、
色味はそのせいですが、レンズによってかなり左右されます。うまくつかえば、独特の色調が得られると思います。
Commented by b-road at 2014-06-07 16:31
liverbirdさん、ぼくの行くカフェではありえないと思います。
住み分けが相当違うと思いますので!
パブはブライトンにもいろいろありますので、
ぜひそのうちに。
Commented at 2014-06-08 00:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-road at 2014-06-08 17:01
鍵コメさん、ありがとうございます。
そちらはこれからよい季節ですね!
お元気でお過ごしください。
Commented by summilux55 at 2014-06-08 17:51
こんにちは。
カメラマガジン拝見しました。
2枚目はライカ銀座でプリントも拝見しましたがやはり少し絞った写真だったのですね、好きな1枚です。ノクチ1.2ですが、つい開放ばかりで撮っていたのでF2.8〜5.6の描写が孤高の存在とのお話は目から鱗でした。ぜひ試してみたいと思います。
Commented by b-road at 2014-06-08 22:09
summilux55さん、カメラマガジンご覧いただきありがとうございます。
ぼくもそうですが、ノクティにようなレンズはどうしても
開けて撮りたくなりますし、それが支払う対価に見合うものだと思います。しかしこのf1.2はそう言うレンズではなさそうということが、やっと分かってきたように思います。
f5.6以上に絞ることはしませんが、f11くらいでもという評価もありますので、いろいろ試されてご自分の納得出来る使い方をみつけられたらと思います。
Commented by togo at 2014-10-18 20:32 x
現在m9-pを使用しているのですが、m8独特のカラー(モノクロはあまり撮りません)に魅力を感じております。以前機会があり一時m8を使うことができましたが、m9には無いハイライト部の粘りがとても印象に残っています。両方所有することは厳しいのでm9-pを売却し、m8の所有を真剣に考えているのですが、なかなかスペックダウンするのに躊躇し踏み切れません。光を繊細に捉えたい日々思っており、フィルター効果が薄いm8の方が光を捉えるという視点で考えると優れていると思うのですがセイケ先生のご意見をご教授頂けないでしょうか?不躾な質問で大変申し訳ございませんがよろしくお願い致します。
Commented by b-road at 2014-10-19 06:29
togoさん、コメントありがとうございます。
モノクロ−ム中心であれば文句無しにM8ですが、カラーを中心にということであれば、普通はM9−Pだと思います。
ただしM8の色が好きという場合は、難しいですがM8を追加で購入することしかないですね。
二台一緒に使ってみて、どうしても残したい方を残すということが良いと思いますが、スミマセン十分な答えにならなくて。
Commented by togo at 2014-10-20 10:13 x
セイケ先生貴重なご意見ありがとうございました。このブライトンカフェのような何ともいえない色合いの写真が大好きでセイケ先生のM8で撮られますカラー写真にいつもワクワクしております。セイケ先生がおっしゃられるようにM8を購入してみて自分の目で判断してみたいと思います。
Commented by b-road at 2014-10-20 17:57
togoさん、M8はIRUVフィルター無しで使うのが
ポイントのひとつですが、ファイルサイズのコンパクトさもあって、M9から見たらフットワークも軽いです。
良い個体をみつければ、後悔しないと思いますので、
ぜひトライしてみて下さい。
Commented by tsuji-chika at 2014-11-29 06:53
以前m8について質問させて頂いたtogoです。
その後e-bayにて状態の良いm8を入手しm8とm9pを両方所有することになりました。
使用感と致しましては、セイケ先生がb-roadを通じて書かれている、モノクロ、データ容量の軽さ、1.33倍の絶妙な画角、シャッター音などほとんど同感でございます。
また、当方田舎なので、どうしても写真に緑(山の木々)が写り込みます。
その際、m9pですと緑の色再現がどうしてもきつく、デジタルっぽさを消す為にrawで調整する必要がございましたが
m8の場合何とも言えない淡い緑が再現され写真全体に独特の印象を与えてくれます。
他、白トビに関して、m9pですと突然白くなってしまうのですが(黒トビ側は自然)、m8の場合はだいぶ自然な印象です。
1/8000のシャッタースピードとも合間って外部での撮影でも白トビにあまり神経を使わなくて良い印象です。
総じて、m8とm9pとmpの3台持ちは分相応な為、フルサイズはmpでどんどん撮るとしてデジタルはm8で行きたいと思います。
色々とご教授頂きましてありがとうございました。駄文で申し訳ございませんが報告させて頂きます。


Commented by b-road at 2014-11-29 20:44
tsuji-chikaさん、丁寧なご報告ありがとうございます。
M8を気に入っていただいてよかったです。ご指摘の点はその通りだと思いますし、よくM8のよさを理解されていると思います。

ぼくは今回M8を持ってこなかったので、毎日のようにそれを後悔しています。もう1台M8を購入することも考えているのですが、イギリスでは店頭からほとんど消えてしまっていますので、探すのも容易でない状況です。
でも根気よく探すつもりです。