b - r o a d

Top

五月晴れ

5月に入ってからはぱっとしない日が続いて、鬱陶しい毎日だったが今日はやっと晴れ上がった。
少しデジタルを避けているうちに、ブログの更新がきつくなってきた。いまさらながらブログはデジタル抜きではできないと改めて思う。
c0202611_359590.gif

ぼくにしては珍しくf11まで絞ったのだが、ギスギスしたところがなくて、丸みのある描写はいかにも50年代らしいレンズではないだろうか。ズマロンは35ミリもこういう描写は共通していると思うが、ズマロンが全部欲しくなる。
Leica M Monochrom / Summaron 28mm f5.6
© All rights reserved.
by b-road | 2014-05-30 04:03 | Leica MM | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/22177484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by CorekazMIC at 2014-05-30 04:50
五月晴れの五月とは旧暦の五月を指し、この時期は梅雨の季節にあたります。五月の爽やかな晴天を例えるのに五月晴れと誤用される方を多々お見かけしますが、正しくは梅雨時の晴れ間のことを表現する慣用句でございます。
Commented by twp at 2014-05-30 07:54 x
優しい絵ですね。私は、35/3.5 Lですが、すごく寛容で優しい絵になるので良く使っています。有難うございます。
Commented by ks-photo at 2014-05-30 08:10
おはようございます。
文中にあるように、f11とは思えないような優しい感じに見えます。
このズマロンだからこそ、セイケさんがf11にされてみようと思われたのでしょうか。
それとも同じシーンで例えば、Summiluxであれば、f11まで絞ることをお考えにならなかったでしょうか。
Commented by somu_hino at 2014-05-30 14:20
こんにちは♪
カリカリのキレキレではないし
かと言ってゆるゆるでもないし、
とっても良い感じの写りと感じながら
見惚れております (笑)

以前紙面で紹介なさっていた
50ミリのズミタールといい、このズマロンといい、
何れも買い求めたくなっています。
デジタルも良いですが、もし手に入れる事ができたなら
まず、フィルムライカで撮りたいです…
Commented by うさぎカメラマン at 2014-05-30 15:42 x
ようやくイギリスも春?初夏でしょうか?
こんな景色を見ながらインドアでギネスを飲んでいたいです。
ところで、レンズの描写は、その時代のはやり廃りと関係がある様に思うのですが、50年代は時代も丸かったのかな・・とも思ったりします。
ライカギャラリーでの雨のブライトンの写真を拝見して以来、ズマロンが気になります。
響きも丸くていいですね、関係ないですが。
Commented by b-road at 2014-05-30 15:45
CorekazMICさん、はじめまして。
間違いのご指摘ありがとうございました。
日頃このような間違いを平気で繰り返しているかと思うと、
汗顔の至りです。
Commented by b-road at 2014-05-30 15:54
twpさん、コメントありがとうございます。
ぼくも時々35/3.5使いますが、ズマロンを再認識
させられたレンズです。
コンパクトで安価(だった)なライカレンズの見本
みたいなレンズでしたが。
Commented by b-road at 2014-05-30 16:08
ks-photoさん、どのレンズでもぼくはf11で使うことは
普通はありません。このズマロンでも初めてだったと思います。絞るとレンズの個性は消されてしまうのが、その理由ですが、ズマロン28はいくら絞ってもズマロンですね!
Commented by b-road at 2014-05-30 16:16
somu_hinoさん、フィルムで撮ってみたいと思うのは
同感です。ぼくも少しフィルムで撮っていますが、プリントは東京に戻ってからということになります。
撮ったあとの現像までのj間、そしてさらにプリントまで待つ間は、夢の時間かもしれませんね!最近少しそんな風に思ったりしています。
Commented by b-road at 2014-05-30 16:22
うさぎさん、とんでもない!まだまだ暖房も必要です。
昨日の午後はこのように快晴でしたが、今朝はまたどんよりした曇り空で、この五月はすっきりしません。
今日も15度くらいでしょうか。
Commented by Mikio Mori at 2014-06-01 21:41 x
今年は去年ほどの冷夏でないとよいですね。鬱陶しいお天気の合間であれば本来の五月晴れが季感でぴったりです。お写真からはちょっと霞のかかったよう晴れを想像してしまいますが実際はいかがなのでしょうか。余計なことですが、五月晴れは新暦五月のよく晴れた天気としても認知されています(大辞林)。さすがに伝統俳句の世界では避けた方がよろしいということになっていますが(笑)。
Commented by b-road at 2014-06-02 01:45
Mikio Moriさん、5月は気温が上がらず、去年を思い出しましたが、6月の初日はまあまあのお天気でした。
それでもまだ20度以下です。
五月晴れの件は、広辞苑にもあるようですが、こちらはそんなことも知らず無頓着に使っていましたので、指摘をいただいてよかったと思っています。