b - r o a d

Top

カメラ

c0202611_19595017.gif

先日お会いしたとき写真家の永嶋さんに愛機のハンマートーンを見せてもらう。
少し暗くなったカフェの灯りの中のハンマートーンは、微妙な陰のなかにうずくまって、実に美しい。
できることならぼくも欲しいなーと思って眺めていた。
デジカメには残念ながらいくら高価なものでも、フィルムカメラのような永遠の輝きはない。
不思議なものだと思う。

今年になってぼくもカメラを一台買った、バルナックのD3、ハンマートーンとは比べられないけれど、
このカメラはあと15、6年で100歳を迎える。何枚かでもふさわしい写真を撮らないと、、、。
Leica M8
© All rights reserved.
by b-road | 2014-01-24 20:27 | Leica M8 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/21541567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akirasoftil at 2014-01-24 22:20
こんばんは
D3で撮られた写真、楽しみに待ってます。
Commented by see6969 at 2014-01-25 02:43
ハンマートーンにDRも格好イイですね!
僕のフォコマート1cはグレーのハンマートーンですが、こちらはブラックが魅力的だな〜と感じております^^
それにしてもD3、OH前提としても100年使えるとなるとやはり凄いな〜と思います。。
Commented by mayumi at 2014-01-25 05:26 x
ご挨拶が大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
昔のカメラは本当に精巧に作られていて、撮る楽しみはもとより持つ楽しみも与えてくれると思います。このカメラはどんな風景を写しとるのでしょうか。撮影された写真を拝見すること、今から楽しみにしています。
Commented by b-road at 2014-01-25 07:46
akirasoftilさん、ありがとうございます。
少し時間がかかると思いますが、必ず。
Commented by b-road at 2014-01-25 07:53
see6969さん、ライカは今年で100周年を迎えると思いますが、初期のバルナックが今でも店頭で買えたり、使えたりするのはすごいことだと思います。それにくらべて、発売後1、2年で消えていく今のデジカメの有り様は、いつまでも続けられることではないですね。
Commented by b-road at 2014-01-25 07:55
mayumiさん、こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Commented by ROGAN at 2014-01-25 11:11 x
おはようございます。

僕はバルナックとしては少し大きめなⅢgとCLを最近はフィルム機として使っています。これらに比べるとM型すら大きいな~と感じます。M型の雰囲気もいいのですが、こういったコンパクトなカメラも魅力がありますね。それにしても機械式カメラの寿命の長さと当時の完成度の高さには舌を巻くばかりです。
Commented by b-road at 2014-01-25 21:17
ROGANさん、バルナックはやはりその大きさがいいと思います。それから比べるとM型は大きいですが、デジタルでさらに大きく厚みも増しました。レンズもそうですが、ライカの良さはそのサイズもあると思いますので、バルナックに軽くて小さい玉というのは、やはり魅力がありますね。
Commented by gomazo55 at 2014-01-25 21:48
バルナック氏も100年経っても使われるカメラになるとは思っていなかったのではないでしょうか?自分の作ったものが100年経っても実用に供することができるというのはエンジニア冥利につきるのではないでしょうか。それに比べると最近のデジタルもののデジカメや携帯電話の寿命の短いこと。
Commented by b-road at 2014-01-26 09:17
gomazo55さん、本当に短いこと泡沫の如しですね。
そう思うとM8は例外中の例外ですね、それとRDー1の絵もこの頃はとても新鮮に見えますー魅力的です。
両機とも10年という一区切りを達成するかもしれません。RD-1はまだ新品で購入が可能なんですが、ちょっと気になるこの頃です。
Commented by ks-photo at 2014-01-26 10:17
そのままインテリアになる佇まいですね!とても絵になります。
先日、よく行くカメラ屋の店長さんが、バルナックの何型か分からないのですが、それを購入するとオスカーバルナックさんを写したオリジナルプリントが限定で頂けるらしく、購入されていました。100周年記念の企画だそうです。ライカのカタログで見る有名なバルナック氏ではなく、歳を重ねた氏の姿でした。その目力などに圧倒されましたが、それよりもフィルムの汚れはあれど、100年近く経過しようとする現代でもフィルムが残っていること、ちゃんと迫力あるプリントができること自体に驚きを隠せませんでした。どうしてもデジタルの楽さに溺れていますが、バルナック氏が定義づけた35mmフィルムもという思いが頭の中から離れません。永嶋さんの開発されたDGSMもやってみたいです。
Commented by yutaka at 2014-01-26 13:05 x
後れ馳せながら、本年も宜しくお願いいたします。そうですよね、40年前に誕生したらしい私のSWCも現役バリバリです。
Commented by b-road at 2014-01-26 19:23
ks-photoさん、バルナックはライカのやはり原点だと思います。手に握っていると、時々忘れがちな自分の原点をも思い起こさせてくれますよ!
Commented by b-road at 2014-01-26 19:26
yutakaさん、こちらこそどうぞよろしくお願いします。
ぼくはハッセルは持ったことがありませんが、それでもローライと並んで、いつまでも飽きない素晴らしいデザインのカメラだと思います。