b - r o a d

Summicron 35mm (1st)

c0202611_22264359.gif

M8 / Summicron 35mm f2.0 (1st)
© All rights reserved.
by b-road | 2013-04-23 22:29 | Leica M8 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/19887222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by makichicamera at 2013-04-23 22:44
こんばんは。いつもありがとうございます。
烏滸がましくて恐縮ですが
この光の柔らかさを表現しているのは
やはりSummicronなのでしょうか?
もちろん撮像素子も現像ソフトも関連していると思います。
まだまだ奥が深い世界ですね。
Commented by b-road at 2013-04-24 02:37
makichicameraさん、この場合レンズというよりは現像処理に左右されるほうが大きいと思います。大切なことは撮る時に仕上がるイメージをはっきり描くことだと思います。そうでなければ撮った後でああでもない、こうでもないと、苦労することになりかねませんので。
Commented by pipopapo-d at 2013-04-24 23:33
こんにちは。いつも拝見させていただいております。
コメントの横ヤリで申し訳ないのですが、
撮るときに仕上がるイメージをはっきり描くことに関して、モノクロームならモノクロームの仕上がりイメージで、カラーならカラーの仕上がりイメージで、カメラを構える前から具体的に描いて撮られているのでしょうか?
私の場合、仕上がりイメージがなく材料のような扱いで、後で何とか仕上がるだろうと明確なイメージがないまま撮ってしまうことが多く、まさに右往左往です。
Commented by b-road at 2013-04-24 23:46
pipopapoさん、ひとそれぞれかもしれませんが、
自分の場合には、そうです。
Commented by see6969 at 2013-04-25 18:03
壁に写った木の影もですが、
カラフルな配置と線が素敵で部屋に飾りたくなる写真です。
いつも壁に写った影を切り取りたいとチャレンジしますが、
なかなか思う様に撮れません。
いつもありがとうございます。
Commented by makichicamera at 2013-04-25 21:52
こんばんは。ありがとうございます。
“大切なことは撮る時に仕上がるイメージをはっきり描くこと”
とても心に響きました。
私なりにイメージを持ってファインダーを覗いていたつもりですが、
“はっきりと描く”
これがまだ甘かった様に思います。
よく例えて言われる“写心”という言葉がありますが、
自分の感動した瞬間を写しとめられる様に技術だけでなく、
心の感性を磨いていきたいと思います。
ありがとうございました。
Commented by b-road at 2013-04-26 02:30
see6969さん、コメントありがとうございます。
Commented by b-road at 2013-04-26 02:39
makichicameraさん、ぼくはとくにデジタルになってから、よりそのように思うようになりました。
Commented by pipopapo-d at 2013-04-26 07:19
お返事ありがとうございます。
私もはっきりと描く意識でもって撮り始めてます。
楽しみです。
Commented by claskamilano at 2013-04-27 06:16 x
はじめまして。このブログをいつも楽しみにしています。私はミラノに在住です。いつもM8にsummicron35asphかelmarit28asphをつけて撮っています。とても質感やグレーの色がよく表現されます。でも最近M9が中古で安くなっているので購入を考えています。カメラを新しくすると世界が広がるような錯覚におちいっています。
Commented by b-road at 2013-04-28 02:35
pipopapoさん、少しでも良い方に変わると良いですね。
Commented by b-road at 2013-04-28 02:43
claskamilanoさん、はじめまして。
カラーを主に撮られるのであれば、M9にして変わったとおもうこともあるかもしれません。基本的にはM9は良くなっていると思いますので。
その錯覚はぼくも同様ですが、誰もその錯覚に陥らなくなったら、カメラメーカーは悲鳴をあげるのではないでしょうか。錯覚はもちろんそうですが、買えるとき、欲しい時に買いましょう、人生はそんなに長くはありませんので!