b - r o a d

いつまでも

c0202611_13251413.gif

Leica M Monochrom / Noctilux 50mm f1.2 RAW LR 4.3
© All rights reserved.
by b-road | 2012-12-19 13:29 | Leica MM | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://tseike.exblog.jp/tb/19022053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こうたろう at 2012-12-20 00:50 x
味わい深い雰囲気とキャッチライト(と言えばいいのでしょうか)が素敵ですね。
ノクチルクスもお使いの時があるのですね。

私は最近久しぶりに銀塩をライカで始めました。
フィルムといい現像といい、銀塩をとりまく環境は10年前と様変わりしていますね。
浦島太郎になった心地で、単体露出計を使いながらマイペースで撮っています。
ライカ、いいですね。
Commented by b-road at 2012-12-20 04:56
単体露出計とライカでフィルム、いいですねー!
ぼくもミノルタCLの修理と復活を目論んでいるところですが、このカメラを使っていると妙にフィルムにいきたくなるんです。ちょっと不思議なんですが、、、。
Commented by gomazo55 at 2012-12-23 09:49
ノクチは永遠の憧れです。広角は苦手なんですが、最近はなぜかヘクトール28mmが気になっています。
昨日M7を修理に出すために銀座ライカに行った時に、展覧会の案内をいただいてきました。雲を背景にした鳥たちが印象的ですが、やはり印刷ではなくオリジナルプリントを見てみたいと思いました。楽しみです!
Commented by b-road at 2012-12-23 21:39
ズマロンの28ミリもいいですよ!
会期が長いので、是非ご覧いただきたいと思います。
Commented at 2012-12-24 19:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-road at 2012-12-24 19:53
欲しいものがあるうちは幸せです!
何にも欲しくなくなったらヤバイですよ。
良いお正月をお迎え下さいね。
Commented by ks-photo at 2014-05-22 21:23
セイケさん
こんにちは。昨日カメラマガジン6月号を拝見しました。
セイケさんのキャプションを拝読し、向かって左側のF4.1というデータの写真を見た時、色々と思い、想像し、涙が出そうになりました。
製造本数が少ないということは聞いたことがありましたが、市場に出回っているものがそれ程少ないとは。。。
当然のことながら、セイケさんのようにライカを知る者ではないですが、コレクションと聞くと、何故か抵抗を感じてしまいます。有名なものを使えば、自分が良いなと思える写真が撮れるとは思いませんが、使ってこそ、その真価が分かるというものではないかと。。。勿体ないことですね。
Commented by b-road at 2014-05-23 01:57
ks-photoさん、6月号ご覧いただきありがとうございます。
資本主義の世の中と言ってしまえばそれまでですが、レンズの場合には、コレクターの手元で寝ているというのは、何ともという気がします。しかしメーカーも最初から限定でとんでもないプライスを付けて出すことも珍しくないですから、
世の中がやはり少しおかしいのだと思います。
輪転機で刷り放題のお札にしっぺ返しをされることがなければいいのですが!