「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

b - r o a d

Top

X-Pro2/56mm f1.2

c0202611_07530305.gif
X-Pro2 / FUJINON SUPER EBC 56mm f1.2
© All rights reserved.




# by b-road | 2016-08-27 07:57 | Trackback | Comments(0)

『写真家の流儀』8月26日発売

エイ出版社から写真ムック『写真家の流儀』が今週金曜日に発売になります。
去年春の「ライカ通信スペシャル」以来久々の写真ムックかと思いますが、私の写真も掲載していただきました。
是非店頭で手にとってご覧いただければと思います。

今回はフィルムライカととデジタルライカを混ぜて構成していますが、その違いが雑誌媒体という印刷メディアでどのように伝わるのか、私としては興味のあるところです。
どうぞよろしくお願いいたします。



# by b-road | 2016-08-24 07:02 | Trackback | Comments(12)

夏にさようなら

四季の移り変わりの中でも、ぼくは夏の終わりがいつも一番寂しく感じる。

子供の頃いつも夏休みの終わる前に見えた夏の背中が、今も同じように毎年8月のある日にやってくる。

物事の盛りが終わる寂しさを、少年の日の夏でぼくは教えてもらったのかもしれない。


今年の東京ももう既に夏の終わりを告げる風は吹き去った、まだ暑い日はあっても盛夏のそれとは違うだろう。

c0202611_10121711.jpg
X-Pro2 / FUJINON SUPER EBC XF 35mm f2.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2016-08-20 11:43 | Trackback | Comments(9)

夏の絵葉書

c0202611_13304135.gif

今年はいろいろ予定外のことが起きて、まだイギリスには一度も戻っていない。
こうしてこれまでにないほどブライトンから離れていると、なんとしても窓から眺める海の眺めが一番に恋しくなる。今日はPCに入っていたSD1で撮った画像をみつけて、しばらくぼんやりと眺めていた。
SIGMA SD1
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-08-14 13:41 | SIGMA SD1 | Trackback | Comments(4)

2CV

c0202611_995316.gif

X-Pro2 / FUJINON SUPER EBC 56mm f1.2
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-08-10 09:12 | Trackback | Comments(4)

FUJIFILM X-Pro2/35mm f2

c0202611_12355198.gif

X-Pro2 / SUPER EBC XF 35mm f2
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-08-07 12:38 | Trackback | Comments(10)

夏の宵

梅雨があけました、夏です。
今夜は少しの風が気持ちいい宵です。
目の前に黄色の素晴らしいレーシングスポーツが止まりました、
車好きのぼくにもお手上げです、わかりませんこの車?
ああっ排気音を残して、行ってしまいました、、。
c0202611_20151716.gif

Leica M9
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-07-29 20:27 | Leica | Trackback | Comments(20)

遠い夏

c0202611_12513082.jpg


ART LINE のf1.4級レンズはどれも素晴らしいが、手元にある35ミリも50ミリも大型でsdQにつけて持ち出すのには相当な決心が必要になる。そこでコンテンポラリーラインから17−70 f2.8−4 DCを借り出して常用にどうかしばらくテストしてみたいと思っている。
35ミリf1.4よりは少し合焦に手間取るが、ぼくの場合は特に大きな不満にはならないと思う。それでも全体の大きさはかなりのもので、普段一眼レフタイプのカメラを使わない身には、暑さと共にこたえる。
Sigma sd Quattro / 17-70mm f2.8-4 DC
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-07-18 13:08 | sd Quattro | Trackback | Comments(8)

sd Quattro/35mm f1.4 DG

c0202611_19591022.gif

SIGMA sd Quattro / 35mm f1.4 DG
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-07-17 20:01 | sd Quattro | Trackback | Comments(2)

SIGMA sd Quattro

2月横浜のCP+で発表された SIGMA sd Quattroがいよいよ今週7日に発売になる。
多くのシグマファンにとっては待ちに待った長い4ヶ月余ではなかったかと思う。
シグマのサイトに依れば、SAマウントのレンズ全てが支障なく使えるというわけでもなさそうだが、それでもすでにあるこれらのレンズを使えることは、sd Quattroを待つ者の大いなる楽しみだろう。ぼくもすでに何本か使ってみたいレンズは選んで待っているのだが、レンズのフィックスされたDPシリーズクアットロの描写とどう違うのか、とても楽しみにしている。
c0202611_17424445.jpg

SIGMA dp3 Quattro
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-07-03 17:44 | Trackback | Comments(4)

M8/Sonnar 50mm f2 (コンタックスマウント)

c0202611_17171689.gif


あるときみつけたコンタックスゾナー50f2の写真を見て以来、このレンズがどうしても使ってみたくなり、無理を言って友人の所有するレンズを譲り受けた。ブルーのコーティングはあるがぼくにはいつ頃のものかよくわからない。そもそもローライのプラナーや戦前のブローニー蛇腹に付いたテッサーの良さは分かっていても、これまでレンズメーカーとしてのカールツアイスというブランドに格別の思いを抱くことはなかった。

使ってみると、小型の割にしっとりしたウェイトとタブ無しの鏡胴を回す指先からは、その精緻さが伝わってくる。50f2のゾナーは比較的数が多く出回っているせいか中古市場では安価で取引されているようで、バーゲンレンズのひとつではないかと思う。コーティングが効いているせいか、ライカの古いノンコートのレンズのような暗部が締まらない心配もなく、色の乗りも悪くない。唯一気になるのは、無神経に撮ると背景が煩くなることだが、学習することである程度は避けられる。ライカのレンズの中でも比較的安価なズミタールと比べてどうでしょうか、共にf2なかなか難しい選択になるのではないでしょうか、、、。
# by b-road | 2016-06-22 17:19 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)

c0202611_1841040.gif

Leica M Monochrom
© All rights reserved.
# by b-road | 2016-06-16 18:05 | Leica MM | Trackback | Comments(4)

永嶋勝美写真展「記憶 Vol.1 “HASHIMA”」 6.7−6.25

7日から西麻布のギャラリーE&M西麻布で始まった永嶋勝美さんの展覧会初日に行ってきました。
軍艦島をモチーフにした展覧会ですが、プリントは永嶋氏ならではのDGSMの素晴らしい銀塩プリントです。使用機材はキャノンのEOS M3とEOSの最上位機種(ぼくには不明ですが)の2台で撮影されたということですが、ぼくにはポスターになっていた揺れる船からの一枚が特に印象に残りました。それは11-22ミリのズームレンズを付けたEOS M3によるものだということですが、会場で見る限り最上位機種との違いはぼくにはわかりませんでした。
最近のキャノンの機種には全く知識がありませんので、家に帰ってからネットで少し見てみましたが、このM3と22ミリの組み合わせにも惹かれるものがあり、ちょっと困ったことになりそうな予感です。こうなるとなかなか抑えることは難しく、今日はとうとう品川のキャノンに行ってショウルームでそのM3と22ミリの小さなパンケーキレンズを一応見てきました。ネットで探せばこのレンズは一万円台でも入手可能みたいですし、ボデーも3、4万円でありそうです。永嶋さんの撮ったあのカットは11−22の単体ズームですが、それだって新品価格が4万円位です。片やハイエンドには50万越えの標準レンズやら100万円近い50ミリレンズもある時代ですが、これは一体何なのかなーと思ってしまいます。一言で言ってしまえば、”日本製デジカメ恐るべし”です。
少しデジタルとは距離を置きたいなと思っていたぼくには、とんでもないことですが、このキャノンがぼくの首を捕まえて”ちょっと待て待て”と言っているみたいです。いやー困りました。
c0202611_1920979.jpg

                 永嶋勝美写真展「記憶 Vol.1 “HASHIMA”」より

展覧会場では写真家の藤井英男さんにもお会いしました。
70年代ぼくが写真を志した頃、文化出版の装苑というファッション誌がありました。そしてパリ支局というのがあってそこでは日本から派遣されたカメラマンが仕事をしていたのですが、2、3年で変わるたびに今度は誰それがなるというのが注目でした。ぼくもそんなところで仕事ができたらと、装苑の編集長に写真を見てもらったりしていましたが、もちろんチャンスのチャの字もありませんでした。その時代その憧れの装苑パリ支局で仕事をされた一人が、お会いした藤井英男さんです。藤井さんにお会いしながらぼくの頭の中ではその頃のことがぐるぐる回っていました、ロンドンのボンドストリートでその頃新進の写真家として脚光を浴びていた与田弘さんとモデルのブリット(現在の奥さん)に偶然お会いしたもその頃です、もう40年も前の1970年代のことです。

結局キャノンではEOS M3のカタログをもらって帰ってきましたが、その中の最初の写真がなんと今の「WEST PIER」ではないですか!たしかEOS 7Dのカタログでも我がブライトンが撮られていましたが、ロケーションマネージャーのお気に入りなんでしょうかブライトンは、、、。
# by b-road | 2016-06-08 19:33 | Trackback | Comments(6)