b - r o a d

Top

夕景

c0202611_19442863.jpg
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-23 19:45 | Leica M10 | Trackback | Comments(0)

Hektor 135mm f4.5

c0202611_16245768.jpg
ヘクトールは50ミリも73ミリも個性的で面白いレンズだが、この135ミリもヘクトールファミリーの期待に反しないレンズだなーと、使うたびに思う。普段はレンズを充分に絞って使うことはないが、このレンズを使う時は思い切って絞るのに抵抗がない。この時もf11まで絞っているが、嫌な硬さというものがないので気持ちがいい。例えはよくないかもしれないが、白いお皿で言うとポースレン(磁気)のものはいくら高級品でも高価でもその白い色はあくまでも冷たいが、ボンチャイナの白は温かみがあってかつその白さはやわらかい。この場合で言うと高価な非球面レンズはポースレン、古いライカのレンズはボンチャイナみたいなものだと決め付けるわけにはいかなくても、少しはそのニュアンスをわかってもらえるのではないだろうか。
Leica M10 / Hektor 135mm f4.5
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-19 16:47 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

モーガン4シーター

c0202611_06271659.jpg

今頃のイギリスはトワイライトがいつまでも明るく、お天気が良ければこのうえなく幸せな時間帯だ。

きょうは珍しく窓からの景色にモーガンが止まっている、それもどうやら4シーター。イギリスだって滅多に走っているのを見ることはないので珍しい。もう10年も前になるが、ぼくの愛車の最後がこのモーガン4/4の4シーターブラックペイントだった。その前はグリーンの2シーターを二台乗り継いで、3台目に見つけた黒の4シーターはもうこれ以上欲しい車はないと思って、車生活の終わりにした。2時間ほども窓から眺めて続けてオーナーの現れるのを待っていたけれど、ちょっと窓際を離れた際に行ってしまったらしい。気に入った写真を見つけて、その写真家はいったいどんな人かなーと思うのにこれはちょっと似ている気分。

Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH

© All rights reserved.



# by b-road | 2017-06-15 06:30 | Leica M10 | Trackback | Comments(10)

Summarit - M 90mm f2.5

c0202611_16303558.jpg
Leica M10 / Summarit M 90mm f2.5
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-11 16:32 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

キッチンローズ

c0202611_17141570.jpg
現行のこの50ミリズミルックスasphは、これまでのライカ50ミリの中でf1.4という開放値の描写において比肩するものが見当たらないくらい素晴らしいレンズではないかと、使うたびに思うようになってきた。35年前、新しく手に入れたノクティルックスのf1.0の描写を見て、もうズミルックス50は要らないと思ったあの時の感激は今でも鮮明に残っているが、今手元にあるすべてのノクティルックスのf1.4の描写と比べてみても、Summilux 50 ASPHの開放の描写に並ぶレンズは無い。少し絞った時の描写についてはいろいろ個人的に不満はあるが、とにかく開放値の描写で見る限り、"King of f1.4" と言って間違いない。
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-06 17:47 | Leica M10 | Trackback | Comments(10)

白い花

c0202611_04534799.jpg
Leica M10 / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-06-03 04:56 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(3)

2年ぶり

c0202611_23365669.jpg
二年ぶりに戻ってきたイギリスは、暑くも寒くもない22〜25度の快適な陽気、多分最も過ごしやすい時期なのではないだろうか。放っていたせいで、ネットのプロバイダーとの契約も切れて、あたらしいサービスにセットアップするまで10日ほど掛かりましたが、ネットから離れていた10日ほどは1日が長く感じられて、ネットのない日々も悪くないなーと思いながら過ごしていました。
Leica M10 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-05-30 23:48 | Leica M10 | Trackback | Comments(10)

M9-P / Heliar 50mm f3.5

c0202611_09492188.jpg
Leica M9-P / Heliar 50mm f3.5 Vintage Line
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-05-15 09:52 | Voigtlander VM | Trackback | Comments(6)

M8 / Summilux 50mm ASPH

c0202611_07251322.jpg
Leica M8 / Summilux 50mm f1.4 ASPH
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-05-08 07:37 | Leica M8 | Trackback | Comments(6)

M10 / Hektor 73mm

c0202611_22421798.jpg
Leica M10 / Hektor 73mm
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-05-04 22:43 | Leica M10 | Trackback | Comments(2)

再び田鹿写真機研究所にて

これまでM8やMモノクロームでは問題のなかったSummilux35ASPHが、M10では1~1.2mあたりでヘリコイドが渋く重くなることに気がついた。ライカ銀座店で聞いてみると、同じことがM240でもありましたということだが、これといってはっきりした解決方法はないようだ。銀座に出るついでに田鹿さんに意見を聞いてみようと研究所を訪ねる。氏はレンズとボディーをつけて不具合を確かめてから、これバラしてみていいですかと言うので躊躇なくお願いする。作業にかかる田鹿さんの背中を見ているうちに、棚にある大ぶりのレンズが気になる。ちょっと見せてもらうと、ノクティ50ミリF1の所謂V4でそれも製造最後に近い玉らしい。であればレンズ一枚が94年頃から新しい硝材ものと変わっているはずである、覗いてみるとコーティングの色がぼくの58ミリ径のものとは全く違う、見ているうちにどうしても撮りたくなってその場でM10につけての撮影の許可をもらう。そうこうしている間にぼくのレンズの方は作業が終わって、ヘリコイドの渋さはほとんど分からないくらいに改善されていた。

c0202611_21235782.jpg

家に戻りこのレンズの製造番号からこれは2003年製と分かるが、レンズにはカナダ製と記されている?(カナダライツはこの頃には終わっていたはずだが)とにかく田鹿さんの所で撮ったファイルをLRでプロセスしてA4に出力してみる。M10+EVFはさすがにレンズ先端のPに合わせたピントがよくわかる。これまでぼくのノクティはほとんどがフィルムで撮ったものなので、デジタルで撮ったものは同じノクティでも少しその印象が違ってみえる。出力したプリントを見ているうちに、同じカットを0.95でも比べてみたくなる。(続く)

c0202611_08362229.jpg

数日後、再び田鹿さんに無理やりお願いしてまた銀座に出かける。0.95でも同じようなアングルで撮影(手持ちなので全く同じというわけにはいかないが)、露出は全く同じ1/500秒でISO設定も同じ、その分0.95の方がごく僅か明るい仕上がりだがこれはそのまま1.0と0.95の開放値の違いがでている。ブログの画像での比較は難しいかもしれませんが、A4のプリントで比べてみるといくつかのポイントで描写の違いがわかり興味深い。撮る前は0.95の方がピントは余程シャープではないかと思っていたが、f1の方もけっこうよく解像している。最初ににレンズ鏡胴先端の手前側の描写だが、0.95はボケの立ち上がりが早いのに対してf1の方がここは自然で好ましい。一般的には0.95の方がf1よりもDOFが浅いと言われているが、必ずしもそうとは言えない。この場合でも画面左手の小瓶から突き出ている筆の柄は0.95の方がくっきりしていて、ピントが深いのではと思いたくなるくらいだ。この辺りは前ボケの領域で、焦点面からアウトフォーカス入る描写はのノクティの見せ所だと思うのだが、新旧のノクティでここは結構描き方が違う。後ボケも二枚並べて比較するとf1の方が大きいし、ぼくからみると0.95の描写は総じてルックス50の非球面を想起させる。最後に画面右サイドの点光源の反射したところを見て欲しいが、f1ではきれいなリング状なのに対して、0.95では非球面マークかと思わせるような妙な形になっていてお世辞にも美しいとは言えない。敢えて言えば0.95はNoctiluxというよりはSummilux 0.95ASPHと言ってしまうとすっきりなんですが、これはライカに叱られるかも知れません。

Leica M10 / Noctilux 50mm f1 & 0.95

© All rights reserved.



# by b-road | 2017-04-28 21:33 | Leica M10 | Trackback | Comments(10)

spring tranquil

c0202611_08152061.jpg
Leica M10 / Noctilux 50mm f1.0
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-04-22 08:17 | Leica M10 | Trackback | Comments(6)

1987 Paris Peugeot

c0202611_11025773.jpg
Leica M6
© All rights reserved.


# by b-road | 2017-04-16 11:05 | film Leica | Trackback | Comments(8)